土井哲のレビュー一覧

  • 「なぜか成果が出てしまう人」の習慣術
    あまり好きではないタイトルであったが、目次を見て購入した本。
    ビジネスの基本的考えを結構わかりやすく書いてある。
    特にPDCAの説明はコンパクトにまとめてあり、新入社員には是非とも読んで身につけて貰いたい。
    ◇プレーヤーとマネージャーの役割
    ◇PDCAの本質と各々のポイント
    →1日に3度くらいの高速...続きを読む
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
    プレゼンについて全く知らない状態(やったことない、関係する本を読んだこともない)でもわかりやすく書かれていた。
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
    読んでみたら、とても自分にマッチする本でした。
    プレゼンテーションという題名の枠をにとどまらず、幅広く記載されており、書かれている内容も分かりやすく、腹落ちできる内容が多いです。

    内容の概略。
    良いプレゼンテーションとはコンテンツとデリバリーの二つの要素で評価ができる。
    コンテンツでの重要な点は、...続きを読む
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
    プレゼンテーションの論理構成指南から、
    論理展開の具体例、
    チャートの具体例まで網羅し、
    さらに文章まで読みやすい素晴らしい本です。
    この1冊が今まで読んだプレゼン本No.1です。
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
    プレゼンテーションとは誰に向かってするものなのか、どうすれば伝わるのか、この本で初めてプレゼンテーションに対する捉え方が変わりました。
    これを読んでから、技術はまだまだですが、形式ではなく、プレゼンをする際に大切にしなければならないことを意識しながらできるようになりました。
  • 最強の戦略人事―経営にとっての最高のCAO/HRBPになる
    戦略人事・HRBPの全体像を理解できる本。

    これまで、戦略人事をするには「人事業務内」の、例えば採用・労務・教育等を横断的に企画実行する必要があると考えていた。本書を読んで、より事業サイドの付加価値の高い業務や業務プロセス全体像の理解をしないと戦略人事としてのレベルが上がらないことを理解。

    人事...続きを読む
  • 最強の戦略人事―経営にとっての最高のCAO/HRBPになる
    - [ ] 感想
    人事企画に係る人、事業運営に関わる人はこの本で観点を学びl具体的に考え始めるのが大事だと思いました。

    - [ ] メモ
    - [ ] プロダクトアウトとアウトサイドイン
    - [ ] プロダクトアウト:日本型。5カ年計画を立てて、それを重ねていく。
    ...続きを読む
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
    プレゼンの仕方は会社では筋道立てて教わることはないので、たいてい我流になる。普段の技術プレゼンと企画書の幹部向けプレゼンは趣が違って困っていたので、購読した。ためになった。
  • 「なぜか成果が出てしまう人」の習慣術
    非常に読みやすい本でした。
    仕事の進め方、プレゼンの仕方など、それなりに幅広い内容なのですが、わかりやすい説明と的を絞ったないようでスラスラ読めました。
    「仮説を持つ」というのは、意識的に考えたことがなかったので、良い気づきになりました。
  • 「なぜか成果が出てしまう人」の習慣術
    ハイパフォーマーに共通する行動や考え方が記載されている。
    ポイントが明確で理解しやすい。
    また、成長の過程の説明『「無意識-無能」、「有意識-無能」、「有意識-有能」、
    「無意識-有能」でステップアップしていく』は納得。

    色々と書かれているが、進化し続けている人がハイパフォーマーという最後の記述が...続きを読む
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
    前半はロジックを組み立てるのに役立ちそう。後半のビジュアルのところは陥りがちなミスがたくさん載っていて良かった。
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
    何らかの相手の疑問や質問に答えるのがプレゼンテーション
    相手の「役に立つ」話を「面白く」話すこと

    コンテンンツ作成の流れ
    1. キーメッセージを決める
    2. キーメッセージを支える論理を構築する
    3. 各サブメッセージを証明する根拠を揃える
    4. 話す順番や強調すべきポイントを考えてストーリーを設...続きを読む
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
     プレゼンテーションのための論理展開を如何に構築し、資料にまとめ、プレゼン本番でどのように振舞うのか総合的に解説した本。プレゼンという切り口でまとめたロジカル・シンキング系の本という言い方もできると思う。


     基本的にはバーバラ・ミントの考える技術・書く技術で示された論理のピラミッド構造、すなわち...続きを読む
  • 最強の戦略人事―経営にとっての最高のCAO/HRBPになる
    原書2014年。翻訳2020年。
    人気書良書程間隔が狭い、と考えると、この6年という微妙な数字が本書の評価を象徴しているような。。書いてあることは元々実効が難しそうな内容なのだが、日本の会社に適用するとなると更にハードルが上がる気はします。

    以下は、巻末の格言から、その通りと思ったものを抜粋。

    ...続きを読む
  • 最強の戦略人事―経営にとっての最高のCAO/HRBPになる
    組織システムの各要素は1.業務プロセス、2.構造とガバナンス(統治)、3.情報と指標、4.人材と報酬、5.継続的な改善、6.リーダーシップと企業文化

    1. 組織の構造化へのアプローチ
    阻害要因:ボクソロジー(組織の箱いじり)
    成功要因:システム全体のアラインメント

    2. 最適な組織を設計する
    ...続きを読む
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
    ・論理力は関係をとらえる力
    ・論点がぶれないよう提示する情報を絞る
    ロジカルシンキングや論理構成。演繹法機能法などについてロジカルに解説があってよかった。
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
     プレゼンのビジュアルを主に解説している本。
     ロジック以外はテンプレートである程度きれいにできるので、論旨の構成に注力して書けばもっといい本になる。
  • プロフェッショナル・プレゼンテーション
    プレゼンをロジカルに組み立てていく方法について解説。わかりやすく実践的なつくりになっているので、時々読み返そう。