M.C.ビートンのレビュー一覧

  • アガサ・レーズンと完璧すぎる主婦
    懐かしいボグル夫妻の話題が!
    次巻がとっても気になる終わり方でした。あとがきに次巻は2012年3月刊行とありますが、2022年ですかね。コロナ禍以来、時々今が何年か分からなくなるのでね。
  • アガサ・レーズンと完璧すぎる主婦
    期待を裏切らない面白さでした。こんなに魅力的な主人公を私は知りません。老い、というにはまだ早いけど、身体は確実に変わってきていて、そんなことを冒険の合間に考える、愛すべき主人公。完璧じゃないからこそ、魅力が溢れている。いつもミステリーそのものよりも、アガサレーズンの奮闘ぶりに目がいってしまい、応援し...続きを読む
  • メイフェアのおかしな後見人 あるいは侯爵の結婚騒動
    こういうジャンルの王道はちょー分かってる、はずの王道なのに面白かったラブコメ小説がこちら。意外性のあるなしは気にしない。
    技巧すぐれた文は引きこまれます。
  • メイフェアの不埒な紳士 あるいは夢見ぬ令嬢の結婚騒動
    そういえば、ちょうどこの本を読んでいる頃にシンデレラの映画を観た。シンデレラも義理の姉たちも(もちろん義母も)、舞踏会に呼ばれて結婚相手を…と意気込んでいるのは承知のストーリー。しかし今まで、本当のところでその「結婚相手を見つけるためのパーティー」とはなんなのか理解していなかったが、そうか、これがメ...続きを読む
  • メイフェアのおかしな後見人 あるいは侯爵の結婚騒動
    一作目に続いて面白かった。恋愛騒動がうまくいきそうな流れはさておき、噂、しきたり、服装、階級社会…今のイギリスを知る上でも、こういうベースがあったんだということを知る勉強になると思う。
  • メイフェアの不運な花嫁
    ダウントンアビーを見終わって喪失感に襲われている時に最適。時代設定は19世紀でかなり違うし、白粉やら髪粉やらずいぶん旧時代なしきたりが多いが、階級社会のおかあいなプライド、晩餐会、嫁取り騒動…いつの時代も変わっていないのかもと思わせる内容
  • メイフェアの不運な花嫁
    ロマンス小説…なのかな?一冊に2話入っていて、1話が結構短いのでサクサク読めます。割とドタバタな、コメディ風味で楽しんで読めました。ちょっとピリッとした毒のある感じというか容赦のない感じもあって痛快。登場人物の心理描写を丁寧に読みたい時には不向きかも。
    主役は屋敷の使用人達なので、屋敷の借主の恋愛パ...続きを読む
  • アガサ・レーズンの探偵事務所
    アガサはなんだかんだいって仕事のできる女性なのが良いです。そして何もかもうまくいくわけではないのもストーリーを楽しくしてますね。ドラマも見てみたいなー。
  • アガサ・レーズンとイケメン牧師
    M.C.ビートンの大人気「英国ちいさな村の謎シリーズ」の第13作目。

    修道院に入った元の夫が行方不明になり、意気消沈のアガサ。

    これまでワトソン役としてよき相棒になってくれた男性陣とも疎遠になり、隣人のイケメン作家には軽い女に思われて、もう男にはこりごりという気分になっています。

    そんなとき村...続きを読む
  • メイフェアの不運な花嫁
    久しぶりに続きが読みたくなるほどヒットした本。
    レーベルから、もしかしてハーレクイーンなのかなといろんな意味でドキドキしていたけれど、ちょっとイチャつく程度の描写だった。良かった。

    ハーレクイーンではないものの、ハンサムで地位もお金も情もある男と、若くて美しく、そして素養とユーモアがある女性がどた...続きを読む
  • メイフェアの不運な花嫁
    2話収録 メイフェアにある不運続きの屋敷が舞台
    ①最初はヒーローが地位も財産もないヒロインとは、結婚できないと言ってたのに何故にヒロインに傾いたのかが弱い
    ②フランス人メイドが謎の存在だったけど、情に流されない割り切り女性だった
    使用人たちに段々愛着出てくる みんな幸せになって欲しいな デブ猫、ムー...続きを読む
  • メイフェアの不運な花嫁
    いわゆるシンデレラ物語。地位も名誉もない孤児の美しい女の子が、憧れの伯爵と結婚する、めでたしめでたし…なお話。なんだけど!2編目はちょっとした謎解きもあり、こちらの話はグイグイ引き込まれました!特に、意地悪な母と姉の最後はザマァみろでした(笑)執事含む、メイフェア屋敷の使用人たちが生き生きしていて良...続きを読む
  • メイフェアのおかしな後見人 あるいは侯爵の結婚騒動
    一気読み。
    ジャンルとしてはなんだろ、ヒストリカル・ラブストーリーになるのかな。
    相変わらず19世紀前半の、英国の雰囲気が伝わってきて楽しい。歴然とした階級社会なのだなぁ。
    どれだけ主人公の先行きが怪しくても、要は勧善懲悪モノだと思って読んでいる。
    ロマンス描写はそこまできつくないし、ミステリー要素...続きを読む