クラスメイツ〈後期〉
  • NEW
  • 最新刊

クラスメイツ〈後期〉

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本のYA文学をきりひらいてきた森絵都が、直木賞受賞後はじめて描く中学生群像。中学1年生24人のクラスメイトたち、その1人1人を主人公にした24のストーリーで思春期の1年間を描いた連作短編集の2作目。うれしい出会いや、ささいなきっかけの仲違い、初めての恋のときめきや、仲間はずれの不安、自意識過剰の恥ずかしさや、通じあった気持ちのあたたかさ。子どもじゃないけど大人でもない、そんな特別な時間の中にいる中学生たちの1年間。だれもが身にしみるリアルさを、シリアスなのに笑えて、コミカルなのにしみじみとしたユーモアでくるんだ作品集。

ジャンル
出版社
偕成社
ページ数
235ページ
電子版発売日
2020年06月26日
紙の本の発売
2014年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

クラスメイツ〈後期〉 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年08月06日

    うん。後半もテンポよくすすんで、面白かった。クラスの24人が全員でてきてそれぞれが少しずつほかの人の話に絡みながら、成長していく。「大人」なんてすごいものじゃなくて、なんというかなぁ。あの13歳から15歳までの、あの独特な雰囲気の中に入っていく。それを青春といったり思春期といったりするのかもしれない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月24日

    『クラスメイツ』の後半。
    どの子のことも否定もしなければ褒めてもいないのが、好感が持てる。
    A組「解散!」の仕方が清々しくて、とても心地よかった。

    「後期」のお気に入りは、ヒロと楓雅、でした。
    基本、不器用なタイプが好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月19日

    前期同様、圧巻の面白さ。各人のエピソードでばらまいた伏線も他の人のエピソードで回収されていく。また、それぞれの人柄も見えている中で、各話一つの深みも強まっていくようだ。後期は不登校であった「田町」、ボランディアに参加した「このちゃん」、そしてこの時点で心理成長が一番の無欠の優等生「ヒロ」のエピソード...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月20日

    後期、クラス委員長のヒロで終わる連作。1年A組は解散してもこれからの彼らの人生を想像してしまう作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月06日

    クラスメイト一人一人の物語が徐々に繋がって行く感じが堪らない。

    解決した悩みも、少しだけ好転した事も、変わったかと思ったら変わってなかった事も色々含めて良かったなぁ。

    自分の話では当然自分が主役だけど、他人が主役の時に脇役になっていても自分の物語は続いて行ってるのが良く分かる。

    色々あった一年...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月01日

    13 秋の日は……     (久保由佳)
    14 伴奏者        (心平)
    15 見いつけた      (田町)
    16 マンホールのふた   (日向子)
    17 イタル更生計画    (ノムさん)
    18 プラタナスの葉が落ちるころ   (このちゃん)
    19 彼がすぐにキレるわけ   ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月22日

    中学1年のクラスメイト24人。1年A組の中学入学から終了式までの一年間を、ひとりひとりのエピソードで繋いであります。

    24人の個性。それぞれの目線で1年A組の様子が描かれていて、泣いたり笑ったり喧嘩したり気持ちがすれ違ったりと、いろんな角度から見られて楽しく読めました。

    あ~、やっぱり学園もの大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月10日

    怒涛の後半12人(12章)。
    目立つ子も目立たない子も種々様々。主たるテーマは1年A組の結束なんだろうけど、大いに盛り上がる章も有れば脇道に逸れた軽いお話も有る。
    野外活動や合唱コンクール、ボランティア活動等、各季節に学校行事を盛り込んでさり気なく時間は経過していく。
    1年生の終業式なんてただの通過...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月17日

    初めての森絵都。
    中学一年生のクラス全員の短編が繋がっていく一年間の話。
    自分のこともまだよくわからない、友だちとの関係も上手くいかなかったりする、そんな思春期の気持ちをそれぞれの個性で書かれていて、自分のその頃と重ねたり比べたりしながら読んだ。
    1人づつの話なので、友だちにも話さないことや、もやも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月29日

    良い。
    最後にはあまりにできすぎた大団円で、あまりにできすぎたハッピーエンドであるのも良い。いい話揃い。

    このレビューは参考になりましたか?

クラスメイツ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • クラスメイツ〈前期〉
    続巻入荷
    594円(税込)
    日本のYA文学をきりひらいてきた森絵都が、直木賞受賞後はじめて描く中学生群像。中学1年生24人のクラスメイトたち、その1人1人を主人公にした24のストーリーで思春期の1年間を描いた連作短編集の1作目。うれしい出会いや、ささいなきっかけの仲違い、初めての恋のときめきや、仲間はずれの不安、自意識過剰の恥ずかしさや、通じあった気持ちのあたたかさ。子どもじゃないけど大人でもない、そんな特...
  • クラスメイツ〈後期〉
    続巻入荷
    594円(税込)
    日本のYA文学をきりひらいてきた森絵都が、直木賞受賞後はじめて描く中学生群像。中学1年生24人のクラスメイトたち、その1人1人を主人公にした24のストーリーで思春期の1年間を描いた連作短編集の2作目。うれしい出会いや、ささいなきっかけの仲違い、初めての恋のときめきや、仲間はずれの不安、自意識過剰の恥ずかしさや、通じあった気持ちのあたたかさ。子どもじゃないけど大人でもない、そんな特...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています