海賊とよばれた男(下)

歴史・時代 11位

  • 最新刊

海賊とよばれた男(下)

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

この男の生き様は美しい。
本屋大賞の話題作。読まずに語るな。

愛する家族、社員、そしてこの国の未来のために。
この奇跡のような英雄たちは、実在した。

敵は七人の魔女、待ち構えるのは英国海軍。ホルムズ海峡を突破せよ! 戦後、国際石油カルテル「セブン・シスターズ」に蹂躙される日本。内外の敵に包囲され窮地に陥った鐡造は乾坤一擲の勝負に出る。それは大英帝国に経済封鎖されたイランにタンカーを派遣すること。世界が驚倒した「日章丸事件」の真実。

若き頃、小さな日本の海で海賊とよばれた男は、石油を武器に、世界と対峙する大きな野望を持っていた。
「ゼロ」から全てが始まる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
480ページ
電子版発売日
2020年05月01日
紙の本の発売
2014年07月
サイズ(目安)
3MB

海賊とよばれた男(下) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年10月09日

    ー「イランのアバダンに行ってもらいたい」
    鐵造は前置きなしに言った。
    「ああ、行きましょう」
    新田はいとも気軽に答えた。まるで大根でも買いにいくかのような言い方に、横にいた村田船舶部長は拍子抜けした。
    「新田船長は、アバダンがどこにあるのか知っているのですか」と村田は訊ねた。
    「イランでしょう」
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    kochan 2021年09月04日

    生涯人間尊重の信念を貫き妥協を許さず戦い続けた鋳造の生きざまには感動を通り越して畏怖の念を抱きます。
    現代ではなかなか通用しない観念かもしれませんが、これこそが日本人の美徳でこれからの日本を背負っていく若い人たちには特に読んでもらいたい物語です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月29日

    てつぞうがすごいと思った。
    例えば、セブンシスターズに完全に追い込まれた時に、思い切ってイランとの交渉に行って、命を賭けて、成立させたところが感動した

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月10日

    こんな人が実在していたなんて凄すぎです。
    自分の困難や悩みがちっぽけなものに感じました。
    モチベイションが上がります!
    感謝です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月22日

    人間尊重ー。すごく響きますね。
    儲けではなく消費者第一に考え、日本の復興を想うその気持ちは全ての働く人に突き刺さります。
    たくさんの敵に囲まれようが、甘い誘惑だろうが、自らの信念を貫き通す主人公。
    その主人公が人の気持ちを動かすのは、読んでいる私も涙ぐみ鳥肌が立ちました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月07日

    友人に勧められて読んだ。当時の若者の行動力や精神力は自分とは比較できないほど遥か上をいってるなとつくづく思った(あと爺さんも)。周りの声に負けず、自分の信念に従って行動する強さを大切にしたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月21日

    210221.下巻も楽しく最後まで読めた。石油が数年前まで色々な火種となっていたことが改めて分かった。
    店主さん長生きしすぎの大往生。
    2年かかるはずの工場が10ヶ月で完成してしまったエピソードが一番良かった。
    今の出光はシェルとも提携、株式会社も上場、マインドは何か残っているのだろうか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月18日

    記録用

    一人の男の生き様、自身が背負っているモノに対する誠実さ。物語のどこをとっても恥のない自身を貫いたクニオカという男。カッコ良すぎる。こんなリーダーの下で身を尽くしたい。

    何度でも読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月26日

    永遠の0もそうだが、やはりこの作者は史実にフィクションを織り交ぜながら小説を書くのが非常に上手。どこまでが事実でどこからがフィクションかが分からないが、展開が早くダイナミックであっという間に読み進めてします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月22日

    学校では教えてくれないような日本の歴史が勉強できる名作!中学くらいの日本史で教えてくれれば歴史に興味を持ったかも。
    今も続くイランとアメリカの関係は石油が大きく関わっていたとは。イランに同情してしまった。。
    しかし色々とイギリスの歴史って真っ黒だな!

    このレビューは参考になりましたか?

海賊とよばれた男 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 海賊とよばれた男(上)
    すべてのビジネスマンに捧ぐ。 本屋大賞の話題作、早くも文庫化! ページをめくるごとに、溢れる涙。これはただの経済歴史小説ではない。 一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。 石油は庶民の暮らしに明かりを灯し、国すらも動かす。 「第二の敗戦」を目前に、日本人の強さと誇りを示した男。
  • 海賊とよばれた男(下)
    この男の生き様は美しい。 本屋大賞の話題作。読まずに語るな。 愛する家族、社員、そしてこの国の未来のために。 この奇跡のような英雄たちは、実在した。 敵は七人の魔女、待ち構えるのは英国海軍。ホルムズ海峡を突破せよ! 戦後、国際石油カルテル「セブン・シスターズ」に蹂躙される日本。内外の敵に包囲され窮地に陥った鐡造は乾坤一擲の勝負に出る。それは大英帝国に経済封鎖されたイランにタンカーを派遣すること。世界が驚倒した「日章丸事件」の真実。 若き頃、小さな日本の海で海賊とよばれた男は、石油を武器に、世界と対峙する大きな野望を持っていた。 「ゼロ」から全てが始まる。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

海賊とよばれた男 に関連する特集・キャンペーン