母からの解放 娘たちの声は届くか

母からの解放 娘たちの声は届くか

作者名 :
通常価格 1,386円 (1,260円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

お母さん、「嫌い」って言ってもいいですか? 「墓守娘」という言葉とともに、母娘問題を提起し話題となったカウンセラー信田さよ子が、いまだ生きづらさを抱えるすべての女性に贈る。自分の人生をとり戻すための「最後の手段」とは?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ホーム社
ページ数
208ページ
電子版発売日
2019年11月22日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

母からの解放 娘たちの声は届くか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月01日

    毒親は、娘が母親のことをどれだけ重く思っているかという主観的なものさしではかられるものであり、一般論では語れないという主張に納得。
    うちの親はこの本に出てくる母親とは比べ物にならないくらい、まだましな母親だけど、私の主観的なものさしから見ると非常に扱いづらい人間。
    つい最近まで母親と仲の良い友人を見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年07月26日

    P141
    母親は追い込まれ徹底的に批判され自分が変わらなければ娘は死んでしまう、もしくは自分が殺される、家庭が崩壊するという恐怖を味わうことなくしては変わらない。娘が社会的に適応しそこそこ普通に生きていれば、母親は自分が原因かもと考えない。

    死にゆく母親に今までのことを洗いざらい話して、謝ってくだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています