アディクション臨床入門 家族支援は終わらない

アディクション臨床入門 家族支援は終わらない

作者名 :
通常価格 2,592円 (税込)
紙の本 [参考] 3,024円 (税込)
獲得ポイント

12pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

アディクション臨床における「当事者」とは誰か? 「抵抗とともに転がる」とは何を意味するのか? 「家族の変化の起動点」はどこにあるのか? カウンセラーとクライエントの「共謀」とは何か?――医療モデルと司法モデルの境界線上で、アディクション臨床とともに走りつづける臨床家の思想遍歴と臨床美学を一挙公開! 藤岡淳子との対談を収録したアディクション・アプローチの聖典!

●長いコピー(HPに引用):
アディクション臨床における「当事者」とは誰か? 「抵抗とともに転がる」とは何を意味するのか? 「家族の変化の起動点」はどこにあるのか? カウンセラーとクライエントの「共謀」とは何か?
アディクション臨床は、その黎明期からつねに医療モデルと司法モデルの境界線上で揺れつづけ、当事者不在のなかで医療の無力化を、依存する当事者に苦しむ家族への支援の無効化を突きつけられてきた。しかし、ドメスティックバイオレンスや児童虐待をも視野に収める逆転の発想は、アディクション臨床における心理職の役割を確立することにもなる。アダルトチルドレン、自助グループ、治療的共同体、被害者臨床を補完する加害者臨床などのコンセプトと実践を取り込む機動力で、アディクション臨床とともに走りつづける臨床家の思想遍歴と臨床美学を一挙公開。
藤岡淳子との初対談を収録したアディクション・アプローチの聖典!

ジャンル
出版社
金剛出版
電子版発売日
2016年09月30日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年02月11日

信田さよ子って精神科医のこと嫌いなのかなとなんとなく思ってたけど、理由がちょっとわかったかも。臨床心理士と精神科医ってもうちょっとおんなじようなものだと思ってたけど、立場がこんなに違うんだな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月03日

著者のこれまでの来歴と日本のアディクション臨床の歴史についてドラマティックに述べられ、興味のある人には面白い。ただ最近の著者の書籍はこのような昔話が多く、かぶる部分は多い。臨床現場での記述はスリリングで引き込まれる。明日からでも真似がしたい部分も多い。巻末に非行臨床の専門家である藤岡淳子氏との対談が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play