リーチ先生

リーチ先生

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

1954年、大分の小鹿田を訪れたイギリス人陶芸家バーナード・リーチと出会った高市は、亡父・亀乃介がかつて彼に師事していたと知る。──時は遡り1909年、芸術に憧れる亀乃介は、日本の美を学ぼうと来日した青年リーチの助手になる。柳宗悦、濱田庄司ら若き芸術家と熱い友情を交わし、才能を開花させるリーチ。東洋と西洋の架け橋となったその生涯を、陶工父子の視点から描く感動のアート小説。第36回新田次郎文学賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
600ページ
電子版発売日
2019年08月02日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

リーチ先生 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    いい小説でした。原田マハさんの書く物語は、読み終えたときに気持ちが温かくなるから好きです。
    『リーチ先生』ことバーナード・リーチや柳宗悦、高村光太郎、岸田劉生、武者小路実篤…登場人物の豪華な顔ぶれに圧倒されます。白樺派を立ち上げる若い芸術家たちの、エネルギーに満ち溢れた様子や、リーチが陶芸に出会った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    大好きな祖母を見送って1週間。本作を読み終わって何故だか急に、この世にはもう祖母が居ないという現実に襲われ、涙が止まらなくなってしまった。と同時に、何かを成し遂げたいという思いが湧き起こり、不思議と清々しい気分になった。富本さんの「芸術にまつわる啓示は、突然降りてくるものさ」という言葉が言霊のように...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月07日

    大分の小鹿田焼き、佐賀の伊万里焼などの民陶品をはじめ、柳宗悦の民藝運動・イギリスのArts and Crafts movement等、民藝品の尊さと価値を人々に再確認させる本だなと思います。戦争や大震災などの歴史的背景とともに描かれるバーナード・リーチと柳宗悦を、空想の人物である亀之助がその素晴らし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月07日

    私みたいな不審人物にかかれば、通勤電車で面白そうな本を読んでいる人がアンテナで分かったりする。
    私に特別なセンサーが仕込んであるわけではなく、読んでいるその人が本の中に入り込んでいるその夢中っぷりが素敵だからなのだから、その本の表紙ががっつりこちらに向いていればどうしても気になってしまうというもの…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月06日

    バーナード・リーチという実在の人物と創作の登場人物たちをこんなにもリアリティをもって描けるのはほんとうにすごい。
    いつのまにか亀ちゃんの立場になってリーチ先生や柳さんのあたたかさに触れていた。
    みんな、ただただ美しいものが好きで、ものをつくることが好きで。互いの、その純真さを信じているからこそ、通じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    陶芸の知識がなくても芸術に没頭し
    色々な苦労を重ねてるカメちゃん!
    リーチ先生との出会い!別れ!
    素敵でした。映像化してほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月16日

    原田マハさん。私はあなたのファンになりました。
    芸術に関する史実と感性を学び感じたければ、あなたの本を読むことにします。

    物語は小鹿田にて陶芸家の養子として暮らす沖高市を主人公に、同地区を訪れる高名なイギリス人陶芸家エドワード・リーチをもてなす場面から始まる。リーチとの会話で高市は、亡くなった父 ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月08日

    リーチ先生や周りを取り巻く日本の友人達、日本とイギリスの民芸と『用の美』の素晴らしさについて、淡々と伝わってくる作品。

    主人公である沖亀之助が控えめながら芯を持った人物で、それが民芸の話を一層際立たせていた気がする。マハさんの描く主人公は才色兼備な女性のイメージが強いが、こういった作品もまた良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月03日

    最高。民藝についてもっと知りたくなった。
    器が好きになった。
    好きなものは、そしてアートは、国境を越える。
    用の美。絵画などの美術品も素敵だけど、日常の中に美を取り入れるって、なんて素敵なんだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月14日

    それはまるで、大河ドラマを観ているような感覚。文章を読みながら、目の前にその情景がありありと浮かび上がってくるようだ。

    一人のイギリス人陶芸家の半生を、ある日本人の親子に渡って語り継がれて行く、史実を元にしたフィクションなんだけど、これがまたなんともドラマティックで感動的だ。
    その日本人男性は実際...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています