拝啓 彼方からあなたへ

拝啓 彼方からあなたへ

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「自分が死んだらこの手紙を投函してほしい」と中学時代の親友・響子に託された「おたより庵」の店主・詩穂。やがて、彼女の死を知った詩穂は手紙を開封し、過去にまつわる事件に巻き込まれてゆく。町屋の並ぶ、どこか懐かしい町で「あの日の約束」が再び動き出す。店を訪れる者と、想いを伝えたい大切な誰かを繋ぐ、手紙ミステリー。著者初の単行本が、待望の文庫化!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2019年02月15日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

拝啓 彼方からあなたへ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月22日

    谷瑞恵さんの初単行本の文庫版(2018.12) 手紙に関する雑貨のお店「おたより庵」店主の詩穂は、中学生時代に親友響子から「自分が死んだらこの手紙を投函してほしい」と託されていました。手紙にまつわるミステリーです。元カレに、はっきり言葉で言えない詩穂の性格。痛いほどわかる。遠回しに伝えても、相手には...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月17日

    手紙にまつわるコージーミステリーかと思って読み始めたけど、結構怖い話になっていく。手紙が持つ一方通行感をうまく活かしているミステリーだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月09日

    予想よりも面白かった。「手紙」という今となってはアナログな作業の大切を教えてくれつつ、不穏な空気も感じさせ読み応えがあった。
    主人公の詩織はなんだかハッキリしなくてイマイチなのだけど、なんだか誰かに手紙を書きたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています