くまおり純の一覧

「くまおり純」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/09/01更新

ユーザーレビュー

  • 拝啓 彼方からあなたへ
    手紙を愛し「おたより庵」を営む詩穂。中学時代に託された手紙。詩穂を慕い支えるアルバイト夕佳、ちょっと見た目が恐い常連客城山、詩穂の元カレ加島。詩穂の静かな日常が手紙が絡む事件で少しずつ騒がしくなる。手紙が繋ぐ連作短編集。見た目から警戒されていたけど、さりげなく詩穂を助けてくれる城山。これからの二人に...続きを読む
  • 鳥葬 -まだ人間じゃない-
    『パニッシュメント』と同じくいろいろ事件起る青春小説
    お話はとっても良く出来ていて
    では文学の偉いひとたちと何が違うかといったら修辞修飾なのだろうか
    題材の比喩が直接的だから足りないのだろうか
    全時代的なことがにんげんのほんしつに迫るあれなのだろうか
    さっぱりわからないが
    この作品がこの形として充分...続きを読む
  • 禎子の千羽鶴
    先日、家族旅行で広島に行きました。その際、原爆ドームと平和祈念公園、平和記念資料館に行きました。そこで、佐々木禎子さんの事を知りました。
    早速、本書を購入し家族みんなで読みました。
    娘は涙を流し、目を真っ赤にしながら読んでいました。

    原爆の悲惨さ、悲劇は、二度と起こしてはいけない事だと改めて感じま...続きを読む
  • 禎子の千羽鶴
      お兄さんが書いた佐々木禎子さんの本。佐々木禎子さんの家族の物語で、等身大の禎子さんがえがかれている。佐々木家は、家族を大切にしている普通の家だったことがわかる。家族は禎子さんを思い、娘は白血病で苦しみながら家族を思いやる。一番身近な家族の愛情を描くことで,一番大切なものをいとも簡単に奪ってしまう...続きを読む
  • ワールズエンド・ガールフレンド
    時系列が入り組んで読み進めながら再構成していく中で世界がつながり、エピローグはプロローグへと繋がる。そしていたたまれない気持ちと、世界の果てに思いを巡らす。ライトではないライトノベル。今年読んだ小説の中で一番の作品。