下町やぶさか診療所 沖縄から来た娘
  • 最新刊

下町やぶさか診療所 沖縄から来た娘

作者名 :
通常価格 759円 (690円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

浅草の診療所医師・真野麟太郎は、ご近所から大先生と呼ばれ頼りにされている。ある日、麟太郎は沖縄から訪ねてきた比嘉美咲と名乗る娘に「あなたが私の、お父さんなんですね」と告白された。美咲の母・律子がそうはっきりと言い残して失踪したという。かつて、律子と親しかった麟太郎は、母娘が心配になり沖縄へ向かうが……。真野家の居候で武闘派女子高生の麻世を相棒に、律子捜しに奮闘する大先生。隠し子騒動から難病、貧困や大病、DVや暴力、性差や人種による痛みや苦しみまで、目を逸らすことなく患者の心と体に寄り添う医師の人情物語。シリーズ初の長編作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
360ページ
電子版発売日
2022年06月02日
紙の本の発売
2022年04月
サイズ(目安)
1MB

下町やぶさか診療所 沖縄から来た娘 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月02日

    池永陽『下町やぶさか診療所 沖縄から来た娘』集英社文庫。

    シリーズ第3弾。東京の浅草にある診療所を舞台にした下町人情物語。

    今回は浅草を飛び出し、沖縄が主な舞台になる。雨降って地固まる。そんな物語。

    ある日、麟太郎の元に若い娘が訪ねて来る。沖縄から来た娘は麟太郎が父親だと言う。身に覚えがあるよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

下町やぶさか診療所 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 下町やぶさか診療所
    759円(税込)
    東京浅草。診療所の医師・真野麟太郎は、大先生と呼ばれ近所の人々に慕われている。ある日、手首を切った女子高生・麻世が治療にやってくる。麻世の心の傷を知った麟太郎は、一緒に暮らすことを提案。麻世は、家事をすることを条件に同居人になるが…。虐待、認知症、癌など、診療所に持ち込まれる病気や患者の問題に、真摯に向き合う医師と型破りな女子高生が織りなす切なくて温かい下町物語。
  • 下町やぶさか診療所 いのちの約束
    浅草の診療所医師真野麟太郎は、地域で慕われ大先生と呼ばれている。自殺未遂をした女子高生麻世と暮し始めて数カ月。麻世は、自分を傷つけた母の愛人を憎み、母も信じられないでいた。だが診療所で、癌、認知症、思わぬ妊娠、難病などの問題を抱えた人々と触れ合ううちに……。強くなるため道場へ通う型破りな美少女麻世と患者や家族に温かく寄り添う大先生。涙と笑い、切なく愛おしい人情物語。
  • 下町やぶさか診療所 沖縄から来た娘
    浅草の診療所医師・真野麟太郎は、ご近所から大先生と呼ばれ頼りにされている。ある日、麟太郎は沖縄から訪ねてきた比嘉美咲と名乗る娘に「あなたが私の、お父さんなんですね」と告白された。美咲の母・律子がそうはっきりと言い残して失踪したという。かつて、律子と親しかった麟太郎は、母娘が心配になり沖縄へ向かうが……。真野家の居候で武闘派女子高生の麻世を相棒に、律子捜しに奮闘する大先生。隠し子騒動から難病、貧困や大病、DVや暴力、性差や人種による痛みや苦しみまで、目を逸らすことなく患者の心と体に寄り添う医師の人情物語。シリーズ初の長編作!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング