指の骨(新潮文庫)

指の骨(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

太平洋戦争中、南方戦線で負傷した一等兵の私は、激戦の島に建つ臨時第三野戦病院に収容された。最前線に開いた空白のような日々。私は、現地民から不足する食料の調達を試み、病死した戦友眞田の指の骨を形見に預かる。そのうち攻勢に転じた敵軍は軍事拠点を次々奪還し、私も病院からの退避を余儀なくされる。「野火」から六十余年、忘れられた戦場の狂気と哀しみを再び呼びさます衝撃作。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2018年01月19日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

指の骨(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月10日

    大岡昇平や水木しげるの著した記録と似通うところは、後方での活動や逃避行の描写が圧倒的に多いところである。事実、戦争体験において戦闘行為は一瞬であり、時の多くを後方で過ごしているのだから。
    一方で大岡らの著したものと大きく異なるところは、主人公が生還しえないところである。生還したものの手記は、事実とし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月10日

    高橋弘希『指の骨』新潮文庫。

    新潮新人賞受賞作の戦争文学である。戦争の悲惨さと常に死と隣り合わせの日常が創り出す狂気とが見事な筆致で描かれる。

    それにしても、何とも凄い新人作家が出て来たものだ。 最初は何故この平和な世の中で本格的な戦争文学をと思うのだが、大岡昇平の傑作『野火』や『俘虜記』...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月15日

    自分とほぼ同年代にもかかわらず、まるで戦争に行き、飢えにくるしみ、死にかけたことがあるかのような乾いた文章に身ぶるいがした。
    といってももちろん、読者も誰一人、そんな経験をもってはいないので、お互いに想像でしかないのだけれども。
    リアリティというと陳腐だが、みずからが死んですべてが喪われたような、読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月09日

    時間軸としては、
    ラバウルあたりで、藤木も古谷も生きていた頃。
    藤木は死んだが古谷は一緒、田辺分隊長の命令で、タコ壷での戦い。気を失って。
    夜戦病院で比較的のんびり。槇田と清水と軍医。
    病気、無為な行軍、自殺などで、次々死ぬ。
    黄色い道をただ歩いている、現在。
    現在回想するという小説の開始だが、わざ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月31日

    あの「野火」に匹敵する…の帯にそんなわけがないだろう!と高を括っていたのだが読み終えて思ったのはこれは戦争など知る由もない30代の青年に旧日本軍の兵士が憑依したのではないのかと。
    その想像の世界の戦争はありがちなエンタテインメントに走ることもなく飢餓と病により死を目前にした人間の内面を淡々と描くもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月07日

    太平洋戦争中、南方の島で傷兵になった
    一等兵のお話し。物語は主人公の語りで進む。
    その日の暮し、仲間の話し、
    時おり負傷した戦闘の話し。たんたんと描写されているようで、文章がとても力強い。
    リアルな戦闘のシーンも無く、家族との別れのような描写も無い
    それなのにとても深く悲しいし、恐ろしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月01日

    2019/05/25-6/1
    戦争文学というジャンルの存在を気づかせてくれた。生死の分かれ目を幾度も体験していく。どんな時でもヒトは夢を見る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月22日

    初めて読んだ戦争小説から、青春譚のようなものを感じた。
    ラストに近くにつれて自分を包む世界の皮が薄れ、現実に戻るような感覚に陥る。
    戦争とは一体何なのか。虚構にも見聞録にも収められない作風が神経を揺さぶる気がした。

    うだる暑さに霞む町を高台から眺め、白い壁の正面で読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月30日

    太平洋戦争中の南方戦線の島は激戦区だった。野戦病院に送られた主人公が得た束の間の休息。だがそこにも死が溢れていた。そして退却。
    とてもリアルな描写で情景が目に浮かぶようだった。特に死の描写が恐ろしい程に。顳顬を撃って自決した軍医の逆の耳から出てくる血など。
    退却戦でも自決用の手榴弾を魚採りに使ってし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月13日

    前線で死んだ兵士を、いちいち荼毘に付す余裕はないので
    小指を切り落とし、その骨を持ち帰るのが陸軍の慣例だったらしい

    ニューギニアの戦い
    戦闘で負傷し、後方の野戦病院に送られた主人公は
    常に死と隣り合わせ、ではあるものの
    怠惰で退屈な療養生活のなか
    日本の連戦連勝を信じ、永く安心しきっていた
    しかし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

高橋弘希 のこれもおすすめ