朝顔の日

朝顔の日

作者名 :
通常価格 1,232円 (1,120円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

その日に死んでしまふ気がするのです──。昭和十六年、青森。凜太はTB(テーベ)を患い隔離病棟で療養する妻を足繁く見舞っている。しかし病状は悪化、ついには喉の安静のため、若い夫婦は会話を禁じられてしまう。静かに蝕まれる命と濃密で静謐な時。『指の骨』で新潮新人賞を受賞した大注目作家のデビュー第二作。芥川賞候補作。

ジャンル
出版社
新潮社
電子版発売日
2016年01月01日
紙の本の発売
2015年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

朝顔の日 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年02月13日

    妻に迫る"死"を静かに、綺麗に描かれていた。
    一見淡々としているようだけれど、夫婦の会話などから感じる"愛"。それを感じると、やっぱり色鮮やかに描かれてるなあと痛感した。
    いい意味で、インパクトがあった訳ではないが、この本から感じる温度がとても心地よかった。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月18日

    とても静かで美しいお話でした。
    戦争の影が差す時代、結核で療養している妻を見舞う夫のお話。
    感情を全面に大袈裟に押し出していない冷静な語り口ですが、病が進行していくにつれて透明になっていく妻に接する夫の悲しみが静かにひたひたとしみこんでくるようでした。
    情景や、筆談になった妻の書き言葉もとても綺麗。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月29日

    つい先日 芥川賞を得た高橋弘希さんの3年前 35歳時の作品。昭和15年年末から翌年年末に至る当時の不治の病 結核に見舞われた妻と寄り添う夫との日常の光景が家族や病院の人々と共に 静かに静かに流れるように語られており読者の心に染み入ってくる。こうした作品を35歳の方が当たり前の如く違和感なく極く自然に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月16日

    あの「野火」に匹敵する…の帯にそんなわけがないだろう!と高を括っていたのだが読み終えて思ったのはこれは戦争など知る由もない30代の青年に旧日本軍の兵士が憑依したのではないのかと。その想像の世界の戦争はエンタテインメントに走ることもなく飢餓と病により死を目前にした人間の内面を淡々と描くものであるがそれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月13日

    「私の恋人」とは違い、含喩を深読みする必要の一切ない、真っ直ぐな純愛もの。

    真珠湾攻撃前後という時代背景、抗生物質の発見前の当時は不治の病であった結核を道具立てとして、若い主人公夫婦の時間が静かに、濃密に、だが容赦なく過ぎていく。

    佳作である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月04日

    秋に小春日和とは、さだまさしの悪影響。コスモスに秋桜という漢字をあてた張本人もさだまさしですし。昔ネアカ、ネクラという言葉がありましたがそれと同じように悲しい話を悲しく、楽しい話を楽しくではただの上っ面だけをなぞるようなもので奥行きがありません。些事でもメリハリ、濃淡で大きな表現が出来ると思う。古い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月11日

    昭和16年12月。TB(結核)に侵された妻を療養所に見舞う夫が、道すがら回顧する妻の療養の日々。
    現在では死病ではなくなった結核が、まだ、確固たる治療法もない時代。戦争の足音を通奏低音とし、時代の緊張感と、二人の愛情が静かに淡々と描かれていく。
    少し前に言葉をかわした入院患者が、一人、またひとり亡く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月07日

    太平洋戦争になだれ込んでいく頃の日本。
    難病に罹った妻と、見舞いに通う夫。
    少しずつ弱りゆく妻、ささやかな色彩に彩られた日々。
    時代の空気、二人に通う想いを感じながら読む。
    静かな中に様々なものが去来する物語。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

     テーベ、現在でいう結核を発症している人たちの病棟と思われる入院施設に入院している妻を見舞いに訪れる夫の凛太の視点が主になっている。一瞬一瞬を生きている人たちの光景に死の影がちらちらとあって、だんだん不安になる。特に筆談で会話するようになってから。そんな中でも最後は少しだけ光が見えたのかな。わずかな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年06月19日

    TBを患い入院する妻を見舞う夫、凛太。

    見舞いに行くたびに、少しずつ病に蝕まれていく妻の様子。

    回復して退院していく患者や、次に病院に来たときには、亡くなっていく患者。

    兵士として戦地に行っている、凛太の父の会社の従業員だった男からの、現地の様子が書かれている手紙。

    進行や回復を繰り返すなか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています