子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」

子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

一日で150万PVを記録!
「東洋経済オンライン」で大反響の子育て記事を書籍化

□ゲームのやりすぎで、日常生活にしわ寄せがきている
□何も言わず見守っていたら、ますますスマホ漬けに
□勉強に身が入らず、やる気がない状態が続いている
□学校で習ったはずの問題が解けなくなっている
□成績が下がってきているのに、本人に危機感がない

たとえば、こんなことが原因で、毎日怒鳴っては反発される、
口げんかばかりの毎日…、ということはありませんか?

毎日叱り続けても状況が変わらないということは、
「叱り続ける」というアプローチが違っている可能性があります。

本書は、日々の喧噪の中で、つい忘れてしまいがちな「5つの原則」

【第1原則】自分とまったく同じ価値観の人はいない
【第2原則】強制されたことは、やらない。
       やったとしても、形だけになる
【第3原則】人間には、最低3つの長所がある
【第4原則】親は成長が止まっているが、子どもは成長している
【第5原則】まず、「諭す」。「怒る」「叱る」は非常時のみ

をもとに、子どもを叱り続けることなく、ぐんぐん伸ばし続けることのできるアプローチをご紹介していきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 出産・子育て
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
ページ数
208ページ
電子版発売日
2017年09月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

子どもを叱り続ける人が知らない「5つの原則」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月12日

    子どもに対してだけでなく夫に対して、職場でも使える内容でした。
    相談に対するアドバイスから想像がしやすく理解しやすかった。
    個人的に大切と思ったことは
    ・まずは客観的になる(分かっても、いざ自分の事になると難しいから)
    ・表面的な問題は本当の問題ではない
    ・子どもを変えるのではなく、親が変わるしか方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月19日

    子供を変えるというよりは、自分が変わる(子供の長所を見つけてあげる、イライラを抑える方法を身につける)、子供を見る見方を変えることの重要さを感じさせる本だった。子供を一朝一夕に変えるよりは、自分が変わる方がまだ簡単。子供を違う目で見られるようになれば、先は明るい気がした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    この本に、あなたの望む答えは載っていない。
    「子供がちっとも勉強しない」
    「いつもゲームばっかりしている」
    こうした悩みにどうすれば良いか、その方法は書かれているものの、決してあなたが望んでいる解決の方向ではないからだ。

    「5つの原則」は、おそらく大抵の子供に当てはまる真実だ。しかしその真相は「子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月18日

    「同じ勉強をしていて、なぜ差がつくのか」の後に、筆者は投稿された言葉のみで、どう思考するかを追いながら読んでみた。自分の思考が筆者と同じか、違うならどう読めばよかったかちがいがわかり、読み方のレベルが少しあがったと思います。思てる字面を読まずに読み進めるのは時間がかかるが、この読みを習得するために、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月06日

    五つの原則を認識した上で、親がいかに日々の生活の中でポジティブな視点で物事を受け止めアクションできるか。
    そこに突破口がある。
    具体例が非常に良いです。
    あとは、手帳を使って具体的に取り組んでいくだけです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月20日

    長所のない子どもはいない。短所も裏返せば長所になる

    叱るは人の道に外れたとき、怒るは非常事態

    事例が小学生以降

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月29日

    スラスラと読めた。

    こどもと自分は違う人格であることを認識する。子どもの意思思考を尊重する。
    強制しない。無理やりやっても形だけになってしまう。
    短所ではなく長所を伸ばす。
    子どもを変えるのではなく親が変わる。
    むやみに怒らない。
    人と同じより、ひとと違う事が重視される時代になってきている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月14日

    あんま期待してなかったのだけど、原則1はまじだいじよね。これ、親だけじゃなくて、親族もこういうとこある。教員もこういうこと考えちゃう。他者性ってのは、こういうとこでしっかり感じることができないと、たぶん無意味なんだよね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年03月06日

    叱ることで期待通りの結果になっていればよいが、そうではない。悪化していることすらある。

    各家庭で個々のパーソナリティーは異なるため、ある家庭では効果的な方法でも別の家庭では上手くいかないこともある。しかしいくつかの原則はある、と著者は言う。

    以下、備忘録。

    【第一原則】自分と全く同じ価値観の人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年04月01日

    妙にスラスラ読めてしまう本。
    結局は、子供にとって良い環境を与えてあげるのが大切なんだと思う。その良い環境とは、子供が自ら進んで活動できる環境である。だから、「勉強しなさい!」のような声かけはNGなのであり、自然と学びたくなる環境が大事。その時に、こちらが色々としすぎるのも問題で、「親が何をすべきか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています