すべてはあの謎にむかって(新潮文庫)

すべてはあの謎にむかって(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

見上げる雪空に響く賢治のことば。文豪「ドス」を貫く心揺さぶる「ラズ」の力。たらい回しにされるおばさんクレーマーの心中と、怒髪天を衝いた新幹線車内の衝撃。小説家の日常は諸事ぐるぐる渦巻いてやがてあの謎へむかう……。オモロイからロマンティックまで、週刊新潮人気連載を厳選したエッセイ集。『ぜんぶの後に残るもの』『人生が用意するもの』を合本化し改題したオリジナル文庫を電子化。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2017年09月29日
紙の本の発売
2017年03月
サイズ(目安)
31MB

すべてはあの謎にむかって(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年08月18日

    面白かった!

    川上未映子さんのエッセイは、全体的に明るく楽しく読めるので好き。
    時々入る大阪弁?川上さん語?みたいなものも、なんだか楽しいし、文章自体はですますなのに、めちゃめちゃフランクな話し言葉がささりこんできたり、ものの喩えがこうなるのね!とぐ、ときてしまう感じがいい。

    エッセイなので1つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月03日

    目から鱗な様々な視点を、面白おかしく紹介してくれる様なエッセイ。
    最後まで飽きることなく読めました。

    黙読をするのに、頭の中で音声にしてから読む人とそうじゃない人の2種類になるという話、
    自分は何の違和感もなく前者だったけどもそれだけじゃないんだということを知って率直に驚きました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月17日

    ‪川上未映子のエッセイ集。『すべて真夜中の恋人たち』で繊細な言語感覚に打ちのめされたのだけど、意外と“こっち側”の人間なんじゃ?と思えてくる親近感。『いつか風呂敷をたたむ手』に書かれた世界の存在の話が刺さった。日常の一見すると何でもない事を拾って広げる感性がやっぱり凄いんだろうな。‬

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月01日

    思想がフラットで読みやすいエッセイです。川上作品はあまり読んでいませんが、エッセイからは柔らかい思考のプチ哲学者という印象を持ちました。思索の果てに一周して戻って来たような咀嚼されつくした思想は、半周あたりをバリバリ思考中という血気盛んなエッセイよりも気楽で自分に合っています。文章も、ずるずると長い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月25日

    川上未映子のゆる〜く鋭い考察がぽんぽんぽんと楽しめるエッセイ88編。
    世の中への切り込みが、ゆるくて他人事で、でもどこか鋭くて、でも語り口調はゆるい。
    好きなのは「わたしを蹴り上げる雪の日の」「春と過去の、かさなるところ」「すべてはあの謎にむかって」。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月21日

    ぜんぶの後に残るものと人生が用意するもの、どちらも読んでいるので詳しいレビューはそちらを参照。
    何回読んでも川上未映子さんの言葉選びのセンスが好きだなと思うのです。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年06月06日

    著者の頭の中は言葉で溢れている。
    他人の頭(心?)の中を覗きみるようで楽しい。
    共感する部分も多々あるし。
    そして、私もいつのまにか”そうやんなぁ””まじかなわんわ”と大阪弁になっているのだった。←この言いまわしも。
    美人だしスタイル良さそうだし、作家として地位も確立しているのに、意外にもネガティヴ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています