きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

作者名 :
通常価格 702円 (639円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ベストセラー異色エッセイ、待望の文庫化
芥川賞作家の鋭い観察眼で「妊娠・出産」という大事業の現実を率直に描きベストセラーとなった異色エッセイ。
待望の文庫化。

35歳で初めての出産。それは試練の連続だった!
つわり、マタニティーブルー、分娩の壮絶な苦しみ、産後クライシス、仕事と育児の両立……
出産という大事業で誰もが直面することを、芥川賞作家の観察眼で克明に描き、
多くの共感と感動を呼んだ異色エッセイが待望の文庫化。

号泣して、爆笑して、命の愛おしさを感じる一冊。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2017年05月19日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

きみは赤ちゃん のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月02日

    妊娠中で、不安になったところもあったけど、
    笑いと感動ももらえた。
    作家さんじゃないけれど、言葉にして残すことの尊さを実感した。
    良いこともしんどいことも、感じたときに、感じたことを私も言葉で残しておきたいと
    思わせてくれる本だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月06日

    自分が妊娠中ということもあるせいか共感する部分が多かった!不安や喜びこれからたくさんのことがあると思うけど、川上さんみたいな気持ちで子育てしていけたらいいなあ。最終章は特にじーんとした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月27日

    めちゃくちゃ子育ての大変さが分かると同時に、作者の人間臭いところやユーモラスなところにめちゃくちゃ惹かれる作品。文章の表現方法が面白いし、飽きない。子供を持つことの素晴らしさを学んだ。
    この作家のファンになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月18日

    娘が一歳になるこの時期に読むこの本は
    1年間をフラッシュバックするような、そんな本当に共感の嵐でした。

    とくに旦那さんへの想いとかは本当に共感が多くて
    なぜ自分はなにもかも変わったのに
    旦那は髭をそる時間もあるのか
    自分の子どもに対する想いと旦那の子どもに対する思いは決して一緒ではない。
    それくら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月13日

    ちょうど息子が1ヶ月くらいの時期、息子が寝ている時間で少しずつ読み進めた。
    妊娠期は面白おかしく、産後のエピソードは川上さんの「オニ」への愛を感じてとにかく涙が止まらず、とても心があたたまる本だった。
    また少し息子が成長したら読み返したい。たぶんもっと泣くだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月01日

    好きなモデルさんやインスタグラマーさんが
    みんなオススメしていた「きみは赤ちゃん」

    BOOKOFFに寄ったらたまたまあったから
    読み始めたけどこれはすごい!

    面白いし全てに共感でしかない!
    妊娠発覚からマタニティブルー
    旦那さんへの気持ち
    子供を作るということ
    無痛分娩に対する考え方

    わたしは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月13日

    川上未映子さんの本は初めて読むけど、面白かったー!どうしたらこんな面白い日本語で表現できるんだろう。尊敬です。そして最後は号泣した!!

    赤ちゃんへの愛で溢れている。

    「私は君に会えて本当に嬉しい」
    「私の赤ちゃんだった日々」

    赤ちゃんが、赤ちゃんでいる日々は本当に一瞬なんだなーとしみじみ。出産...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月29日

    妊娠〜出産後のいろいろな情緒の変化に本当に共感できる部分が多かった。この本を知ったのが遅く、うちの赤ちゃんはもう大きくなってしまったが、できれば産休の時に読みたかった一冊。
    世の中の出産前後の女性が全てこうとは言わないが、状況や気持ちがかなりリアルなので、女性はもちろん、もしこれから奥さんが初めての...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月27日

    ずっと読みたいと思って買っていた本、息子が10ヶ月になる頃にやっと読めた。というか、読書自体が本当に久しぶり。

    共感の嵐で、一気読みでした。
    もうすぐ1歳を迎えると思って読んだら尚更感慨深かったな…

    現在後追いで私が立ち上がっただけでも泣く息子。夜中はまだまだ何回も起きるし、お昼寝は抱っこでしか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月18日

    めっちゃ面白かったー!!!妊婦として共感することが多くて、サクサク読めました。ぷぷっと笑けてくる感じです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング