夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

“夫のちんぽが入らない”衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落”の半生。“衝撃の実話”が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化! いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
SPA!BOOKS
ページ数
204ページ
電子版発売日
2017年04月16日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

ドラマ化決定で話題。これは著者が経験している本当の話。同じ大学に通う青年と交際を始めた主人公・こだま。だけど、何をどうやっても彼の性器が入らない。いつか入ることを夢見ながら、入らないまま二人の絆は深まっていく。18歳だった私は38歳になり、兄弟のように植物のように安心で清潔な暮らしを営むのもいいと思えるようになった。セックスをするのは当たり前?結婚して子供を産むのは当たり前?「普通」というイメージに当てはまらない幸せが、ここにある。心も体も痛い描写がたくさんありますが、痛みをユーモアに変換して生きていく強さを感じます。衝撃的なタイトルを上回る、新しい視点をもらえる作品。

Posted by ブクログ 2018年08月12日

タイトルの通り、入らないこと、および1人前の教師になれないことに主人公が莫大な負い目を感じているのがつらい。負い目があると人間の思考は歪むから。
”入らない”ことってそんなに大きな妻側の負債なんでしょうか?出血させている夫には負債はないのでしょうか?1人称の小説なので、夫の腹のうちは分からないままな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

切ない想いに、、、。

Hana 2019年02月01日

この本のタイトルを耳にしたのは数年前になりますが、今回購入し、読んでみました。夫婦一緒に居る意味や、夫を支える強い精神など、また、度量の深さや生き方に
感動し。切ない想いにもかられます。一気読みしました!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月17日

このストレートなタイトルもあり、話題になっていることは知っていましたが、ひょんなことから手に入り、読み始めたら一気に終了。
タイトルから想起されるイメージとは裏腹(どんなイメージなんだ)に、内容はとても真面目。
母娘関係、男女・夫婦関係、性愛について、学校教育の問題、教師のおかれた現状など、ずっしり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月16日

なんていうんだろうな。
自己肯定感を高める自己啓発本や、
ひたすら前向きな言葉を並べるような本もいいけど、
こういう世界がリアルで、人間臭くて、
すごくスッと染みる内容だった。

自分の価値観を何の悪気もなく押し付け、
でもそれが相手を酷く傷つけているかもしれない可能性を忘れたくないと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月30日

ネットで話題になっていた本
読みたいと思いつつやっと読むことができました。

衝撃的なタイトルから
「夫婦生活を明るく描いたエッセイなのかしらん…」
などと思い読んでみたら…
そんな単純なことじゃなくて
読んでた電車で不覚にも涙ぐんでしまった!!

大学時代に知り合ったご主人と主人公のこだまさん
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています