ちょー魔王(下)

ちょー魔王(下)

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

奴隷として舟に乗り込み、レフーラに向かっていたジオ。タロットワークの魔法によって嵐を乗り切ることができた。しかしその胸中は、嵐の中垣間見た、親友に対する複雑な思いでいっぱいだった――。一方レフーラ王宮では、スマート(♀)が思案にくれていた。宰相ユーナーンが、魔人に何を願おうとしているのかわからない。だが宴舞会の日は刻々と迫りつつあり…。レフーラ編、堂々完結!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年04月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

ちょー魔王(下) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年06月14日

    ちょーシリーズ「レフーラ編」
    『ちょーテンペスト』
    『ちょー火祭り』
    『ちょー海賊』
    『ちょー魔王(上・下)』
    と、いうように続きます。

    このあたりから魔法のあれやこれやがとてもややこしく難しいです。
    深いのですよー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    最後、泣いた。サリタのあれはちょっと酷すぎる。が、そういう自己犠牲を負ってまで守りたいものがあるっていうのは、すごくよくわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ジオーダイヤーと叫んでしまう怒涛の展開。二人の行く末が気になって仕方がなくなります。ジオのオニキスに向けた言葉がとても重くて、深いなあと思いました。親世代編最終巻。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月09日

    レフーラ編完結。
    ジオとダイヤが選んだ道は正直信じがたいもの。でも、大切な子どもを犠牲にできなかったんだよね。切ない終わり方でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月22日

    運命ってなんだろなあ・・・と、魔王を読むと、思う。

    野梨原花南さんは運命とか、神様とか、どうにもならないこととかを書くひとだよね。
    なんだか、かんがえてもわかんなくて、真夜中に散歩に出て、座り込んで月を眺めたりしますよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    レフーラ編、一応の完結。すっきりしないけどさ!
    こっから次の巻が出るまでもやもやしっぱなしだった覚えがあるです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    レフーラ編、堂々の完結!サリタやジオの揺れる感情などすべてが切なく悲しかったです。次巻から新章スタートです!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月26日

    スマートおねぇさま、やっぱりいいなぁ・・・。
    ダイヤとジオが会えたことを自分のことのように喜んでますからw

    ラスト、二人は琥珀の中に閉じ込められるわけですが、これ、ヴィアたちには何も話さずにこんな感じになってるので、相手にしたらそのまま行方不明状態ですよね(´ω`;)

    このレビューは参考になりましたか?

ちょーシリーズ のシリーズ作品 1~24巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~24件目 / 24件
  • ちょー美女と野獣
    495円(税込)
    『絶望の森』と呼ばれる深い森の奥、美女と野獣が愛し合い、暮らしていた。美女の名はダイヤモンド。ジェムナスティ国の王女だった。そして獣の正体は、トードリア国王子ジオラルド。陰謀に巻き込まれた彼は、魔法によって姿を変えられてしまったのだった。魔法を解く方法はただ一つ。誰かとの愛の誓いを立てること。2人は愛の口づけを交わすが…。恋と冒険がいっぱいの痛快ファンタジー!
  • ちょー魔法使いの弟子
    495円(税込)
    ダイヤのキスによって、ジオが獣から人間に戻ってはや8年。2人の間に生まれた三つ子は、アラン王子と一緒に暮らしていた。3年前、トードリアに出かけたジオとダイヤが、行方不明になってしまったからだった。そんなある日、アランは、奇妙な情報をつかむ。コバーリムの貴族の館に、ダイヤモンドと名乗る怪盗と、人語を喋る獣が現れたのだという……。痛快ファンタジー、第2弾!
  • ちょー囚われの王子
    495円(税込)
    魔法で男にされたうえに、記憶喪失になってしまったダイヤ。ライーとともにコバーリム神殿に身を寄せていたが、司祭の娘・ミナに惚れられ、結婚を迫られてしまう。一方、魔法で女にされたジオは、ロゼウス卿の屋敷に滞在していた。ライーの手紙でダイヤのことを知ったジオは、取り乱してコバーリム神殿へ向かおうとするが……。2人は再会できるのか!? 痛快ファンタジー第3弾!
  • ちょー夏の夜の夢
    495円(税込)
    ダイヤモンド伯爵処刑の日。みんなダイヤを救うために必死だった。ライーが女神コリアムの召喚魔法を見つけ、徹夜でくたくたのミナは、女神の住む禁足地の祠へと向かった。タロットワークは、魔法に使う鳥を狩るため、夜通し山を歩き回っていた――。そして刑執行の時間。強い風が吹いたあと、処刑台に突如現れたのは…。ダイヤとジオはもとに戻れるのか!? コバーリム編クライマックスへ!!
  • ちょー恋とはどんなものかしら
    男女もとに戻ったジオラルド夫婦と三つ子たちの再会の日の朝。野営地から森の中へ入ったサファイヤとオニキスは、ひょんなことから喧嘩をしてしまう。ひっぱたかれ、気を失うサファイヤ。目を覚ましたサファイヤは、何を思ったかオニキスを口説き始めて……!? 表題作ほか、アラン王子の婚約をめぐるドタバタ劇「ちょー美しい姫君」、リブロの少女時代を描く「冬の祈り、秋の憧れ」を収録。【目次】ちょー美...
  • ちょーテンペスト
    495円(税込)
    コバーリムでの一件も無事解決し、ジオラルド夫妻と三つ子たちは、トードリア王室で平和に暮らしていた。しかし、タロットワークのもとを同族のエデアが訪れたことから、波乱が始まる。エデアが告げた言葉は「ヌホが願いを叶える」。タロットワークがもっとも聞きたくない言葉だった――。直後、オニキスがタロットワークに呼び出される。そして残りの家族も王宮から姿を消してしまった! 【目次】第一章 ...
  • ちょー海賊
    495円(税込)
    タロットワークの裏切りによって、散り散りになってしまったジオラルド一家。セルネアに侵されたジオを救い出したのは、オリヴィア王女に仕えるロビンだった。ロビンはジオを連れ、海賊船コーイヌール号に乗り込んだ。船はあほうどり島へ向かうらしい――。船室で眠るジオは、マジックマスター・ヌホの夢を見る。ヌホはジオに、オニキスの運命(さだめ)について語るが……。波乱の「レフーラ編」第2弾!
  • ちょー火祭り
    495円(税込)
    海賊船コーイヌール号に乗り込んだジオは、キャプテン・カッラの海賊島へ到着する。目的はライオン・カッラにあって、バロックヒートのいるあほうどり島へ連れていってもらうこと。アルマ、ロビンとともにカッラの家を訪ねたジオ。しかしカッラは、アルマに「事情がかわった」と告げる。そしてあほうどり島へ案内するための条件を切り出すが…。オニキスの運命は!? 「レフーラ編」第3弾!
  • ちょー魔王(上)
    495円(税込)
    祭りが続くレフーラ市街。王宮に占有しているスマート(♀)が、新月の夜の儀式のことをジャネカから訊き出そうとしている頃、ユーナーンがオリヴィアの離宮を訪れていた。ユーナーンは冷たい表情で、どうしてダイヤとオリヴィアをとらえているか語りだす――。一方、レフーラに到着したアラン王子とグーナーは、さっそくヴァデラッヅたちと合流するが…。レフーラ編クライマックスへ突入!
  • ちょー魔王(下)
    495円(税込)
    奴隷として舟に乗り込み、レフーラに向かっていたジオ。タロットワークの魔法によって嵐を乗り切ることができた。しかしその胸中は、嵐の中垣間見た、親友に対する複雑な思いでいっぱいだった――。一方レフーラ王宮では、スマート(♀)が思案にくれていた。宰相ユーナーンが、魔人に何を願おうとしているのかわからない。だが宴舞会の日は刻々と迫りつつあり…。レフーラ編、堂々完結!
  • ちょー新世界より
    495円(税込)
    東大陸、璃磨国。山奥で暮らす少女・宝珠(ほうじゅ)は、獣のような三角の耳のせいで、母親に忌み嫌われてきた。ある日、ついに家を飛び出した宝珠。しかしひとりでは心細い。南燕の街で宝珠は、外国人の男に近づく。男は、宝珠になにかとよくしてくれる。そして、宝珠の耳を見た男は、こう言うのだった。「僕のために、木蓮の国(トードリア)に行ってくれないか」。新しい冒険の幕が切って落とされた!
  • ちょー先生のお気に入り
    レフーラにやってきた宝珠(ほうじゅ)は、オニキスらとともに、結界の張られた王宮に潜入する。しかし“見えない壁”があって、謁見室に入れない! 宝珠は意を決する。カッラの腕力と、パリスの魔力によって、壁を飛び越えることに成功。謁見室で宝珠の目に飛び込んできたのは、女王オリヴィア、魔族ムロー、妖精サイズのヴァデラッヅ。ヴァデラッヅが呪文を唱えると、部屋が強烈な光に満たされて…!?
  • ちょー秋の祭典
    495円(税込)
    山を越えコバーリムに入国した宝珠(ほうじゅ)とオニキス。たどり着いた老夫婦の家に世話になっていたが、そこでふたりは、自分たちが指名手配されていることを知る! 身を紛らわせるため、秋祭りでにぎわうコバーリムの市街へ向かったふたり。宝珠は巫女の衣装に着替え、オニキスは髪と肌の色を変えていたが、ついにジールの兵士に気づかれてしまう! 絶体絶命のピンチ! しかしそこに現れたのは……!?
  • ちょー後宮からの逃走
    495円(税込)
    コバーリムの街で魔族にさらわれた宝珠(ほうじゅ)。連れていかれたのはジール城。そして目の前は、宝珠を指名手配した張本人クラスター王子が…。王子はいきなり宝珠に「僕と結婚してほしい」と言い出して!? そのころオニキスは、すぐにでもジールへ向かおうとしていた。しかしサファイヤと、雇われの魔法使いサリタはなかなか動こうとしない。オニキスは、町中で魔族ムローの姿を発見するが…!
  • ちょー歓喜の歌
    495円(税込)
    魔王の捕縛そして世界の破滅を企むジールのクラスター王子。王子の部屋を訪れた精神体のダイヤは、彼の中に狂気を感じる。そして、王子を説得できるのは宝珠(ほうじゅ)しかいない、と思うのだった……。その頃宝珠は、オニキス、サファイヤ、サリタと合流し、旅を再開しようとしていた。パイロープから紹介してもらった次の行き先は、ジークフロード教室。かつてスマートが魔法を学んだ教室だった!
  • ちょー戦争と平和
    495円(税込)
    ついに魔王サルドニュクスを捕縛した、ジールのクラスター王子。世界の支柱を破壊するため、彼は大国トードリアに兵を進める。国力の差からいって、勝ち目のない戦。しかし王子は、生まれて初めて城の外に足を踏み出した! 一方、捕縛を阻止できなかった、サリタ、それにオニキス、サファイヤ、宝珠(ほうじゅ)は合流し、ジールの行軍の先回りをする。なんとかして戦争をやめさせるつもりだった!
  • ちょー英雄
    495円(税込)
    エデア・タロットワークの誤った術式によって、魔王は暴走を始めてしまった! 支柱の破壊、世界の破滅のときが近づいていた…。混乱をきわめる、トードリア、ジールの両軍。絶望のあまり、宝珠(ほうじゅ)は悔し涙を流す。だがオニキスに励まされ、彼女は立ち上がる。最後まであきらめない、と決心したのだった。「あたしは行くよ」。宝珠は、この状況を作った張本人クラスター王子に視線を向けるが…。番...
  • ちょー薔薇色の人生
    495円(税込)
    魔族の英雄の異名を持つ少女・宝珠(ほうじゅ)は、ぼろぼろの身体をした魔王サルドニュクスと対面する。予想外の魔王の行動に当惑する宝珠。一方、トードリア。ジオとダイヤの肉体がとじこめられた琥珀楡に集う、オニキス、サファイヤ、魔法使いたち。「世界の律がずれている…」リオ・アースは、子どもたちに笑いかけた。世界はまさに滅しようとしていた! 子どもたち編、クライマックスへ!
  • ちょー葬送行進曲
    495円(税込)
    トードリアの先王崩御の知らせを聞き、首都リアディに駆け付けたジオラルドとダイヤモンド。三つ子はラボトロームのアラン王子に預けたままだ。宰相ライーによると、先王は毒殺されたらしいが、ジオに真犯人を教えてくれない。しかも、ジオが母親のキスラロール王妃を訪ねている間、ダイヤが何者かにさらわれてしまい…!? コバーリム編突入前のジオとダイヤを描く、スペシャルストーリー!!
  • 【電子オリジナル】ちょー東ゥ京 ~カンラン先生とクジ君~
    突如、異世界に迷い込んでしまった少年・クジ。しかも、彼の記憶はいくつか抜け落ちていた。異世界の教師・カンラン先生の魔法でもとの世界へ送り届けてもらえるはずが、ふたりが降り立った先は、何かがおかしい「東ゥ京駅」……!? 見覚えがあるようで何かが違う街で、2人を待つものとは!? ファン待望! 伝説の「ちょー」シリーズと地続きの新作!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています