大人のコミュニケーション術~渡る世間は罠だらけ~

大人のコミュニケーション術~渡る世間は罠だらけ~

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「この本は、心が折れかけたり人間不信になりそうになりながら、コミュ力をなんとか高めようと奮闘する記録です。そんな中、編み出したささやかなコミュ術などもお役に立つかわかりませんが、ご高覧いただけましたら幸いです」(「まえがき」より)。大人としては避けられない酒の席での振る舞い、うわさ、下ネタ、パーティ、女性特有のモンダイ……。ちょっぴり怖くてちょっぴり笑えてちょっぴり切ない、処世をめぐるエッセイ集。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2016年10月21日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

    Posted by ブクログ 2017年10月01日

    軽くさくさく読めて、おもしろい。コミュ偏差値42とかいいながら、年賀状を1300枚も送っているとか、やっぱり一般人とは違うなーとは思った。1300枚もある程度手作業で出しているとか、ちょっと普通じゃないと思うけど、そこには気づかないところも面白いし、普通のエッセイの間にちょいちょいスピリチュアルの話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月17日

    普通にコミュニケーションをとる話だったはずが、最後の方になるとロボットやヌルランというスピリチュアル系のイルカなど、人間意外とのコミュニケーションの方法で自己満足させる話になっていった。もともと辛酸なめ子さんのエッセイはかなり好きなので、オリジナリティがあって好き。今回も好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月23日

    スピリチュアルな部分はいつものごとく、半分マユツバで読んだけど、意外にもためになる内容が。
    『心の中で相手をジャッジしないことがコミュニケーションの鍵』ほんと、その通り。
    お母さんが病気で亡くなったことが、いろいろと影響してるようで心が痛んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月06日

    「仲が良かった時は、お互いにその関係から学ぶことがあったから。」

    飲み会の席での噂話は疲れる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月11日

    大人の女子向けの社交処世術の知恵……というか辛酸なめ子の経験談が綴られる。そんな感じがするということがいろいろ書いてあるんだけど、ここでは全然書かれていない男子たちはいったいどういうコミュニケーションをしてるんだろうと思った。
    守護霊や彼岸に行った親とのコミュニケーションについても書いてあって、著者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月05日

    大人数飲み会苦手…みたいな人なら共感できるテーマが多い。

    人の悪口で盛り上がる飲み会は空気が悪い、みたいなスピリチュアルな視点に踏み込む部分も。私も、そういう「目に見えない気」のようなものをある程度察知する体質なので、言いたいことわかるなー。なポイントは色々あった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月20日

    健やかな明日のため 志高い系の飲み会 風光明媚な山々 経絡 体を開発 一家言を放つ 仙骨 俗世を超越 社交辞令を本気にしてしまうなんて パーティは一夜のイリュージョン 色即是空の心 乏しめる きたん忌憚ない意見 高校の卒業パーティ「プロム」 フラッシュモブ 年賀状で友情が空回り データベースから人を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月16日

    辛酸なめ子が文字通り、女性から見たコミュニケーション術を説いた一冊。

    著者の傾向から、若干スピリッチュアルな感じに傾倒しつつあるも、エッセイとしては楽しめた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月01日

    短文メッセージになれているせいか、女子高生の会話が短い、正月の年賀状は友人の幸せを受け入れられるかの自己診断というくだりが面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月13日

    パブリックスペースで読んでいたので、大声を出して笑えなかったのが残念と思うほど面白かった。こういう風に感じたり考えたりする人もいるのだなぁ、というのが新鮮だった。年賀状が住所不定で帰ってきて悲しい、とか、友だちと疎遠になるのが寂しい、とか、キャリアや学歴や住んでいるところでマウンティングし合うとか、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています