ジハーディ・ジョンの生涯
  • ptバック

ジハーディ・ジョンの生涯

作者名 :
通常価格 2,037円 (1,852円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

824pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

著者はかつて、当局にイスラム過激派と疑われたために職も婚約者も失ったと訴える、ムスリムの青年を取材したことがあった。クウェート難民としてロンドンで育ち、大学でITを学んだ礼儀正しい青年、ムハメド・エムワジは数年後、イスラム国の黒覆面の処刑人「ジハーディ・ジョン」となり、湯川遥菜さんや後藤健二さんらを斬首することになる。エムワジはなぜ、凶悪なテロリストになったのか。「ジョン」と会った唯一のジャーナリストによる決定的評伝。

彼の足跡を辿ると、欧米社会で育ったムスリムの若者たちが偏見や差別にさらされ、将来に絶望する日々のなかで過激思想に染まっていく状況が見えてくる。テロ対策の名のもとにイスラム社会に行っている、抑圧や監視が若者たちの先鋭化につながり、ジハード戦士を生み出す土壌になっている、と著者は指摘する。ジハーディ・ジョンの替えは、いくらでもいるのだ。「クローズアップ現代」でキャスターを務めた、国谷裕子氏の渾身の解説も必読!

【目次】
序章 わたしは「ジョン」と会っていた
第一章 クウェートから来た少年
第二章 イスラム過激派のネットワーク
第三章 MI5とアフリカの角
第四章 素顔のエムワジ
第五章 監視対象
第六章 シリアへの道
第七章 世界を震撼させた斬首
第八章 テロリストの逆流
最終章 「ゼロ・トレランス」の罠
解説 『ジハーディ・ジョンの生涯』を読み、後藤健二さんを想う (国谷裕子)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
352ページ
電子版発売日
2016年07月15日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ジハーディ・ジョンの生涯 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年03月01日

    テロ防止法等によって規制を強めたことや、空爆が結果、狂気のテロリストを更に増やしているのではないかと思う。
    テロリストによりムスリムに対する差別が生まれ、一般的なムスリムの人たちが住みにくい環境になりその人がまたテロリストへ・・悪循環をたちきることはできるのか

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月21日

    あるジャーナリストが関わったモハメドエムワジの生涯の話なんだけど、イギリスのムスリムの生活やMI5など日本と全然違う環境で知らないことが多かった。いろいろなテロ対策をうつ治安当局だけど、結局それがテロリストを生み出すのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月23日

    「安倍よ、お前が勝つ見込みのない戦争に参加するという無謀な
    決断をしたために、この刃はケンジのみならず、いかなる場所に
    おいても、引き続き日本国民を殺すだろう。つまり日本の悪夢が
    始まるのだ」

    2015年に日本人ジャーナリスト後藤健二氏を殺害したことを告げ、
    インターネット上で公開された...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月13日

    ジハーディ・ジョンの生涯というより,誰でもがジハーディになりえたかもしれない脅威.不寛容,対応のまずさ,追い詰めることからのますますの過激化.世界を震撼させるテロの前に,悪循環の悪夢ばかりが思い浮かぶ.何とかならないものだろうか.非常に考えさせられる本である.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月14日

    どのようにして普通のイギリス人がイスラム国の処刑人になっていくのか.ジハーディー・ジョンことモハメド・エムワジに英国保安当局の嫌がらせ受けていると相談を持ちかけられたことのある著者が豊富な情報を元に説明する.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月29日

    敵国の人間を斬首するというショッキングな映像を見せられてからイスラム国の戦士はどのような経緯を経てこんな残酷なことができるのだろうと思っていた。
    結局彼は,テロを防ぎ、国を守るためのイギリス当局の執拗な干渉に自由を奪われ、結婚も邪魔され、新天地への移住もできなかった。そうした処遇も手伝ってイギリス国...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています