逆転の大戦争史

逆転の大戦争史

作者名 :
通常価格 2,648円 (2,408円+税)
紙の本 [参考] 2,695円 (税込)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ペリーによって砲艦外交の屈辱を嘗めた日本は
西周(にし・あまね)が、「侵略は善」たる「旧世界秩序」を学ぶ。
朝鮮を併合した日本にしかし、満州国は認められなかった。
一九二八年に世界は大きく変わっていたのだった。

「旧世界秩序」。戦争は合法、政治の一手段。戦争であれば
領土の略奪、殺人、凌辱も罪に問われない。しかし、経済封鎖は違法。

「新世界秩序」。戦争は非合法。侵略は認められない。
経済封鎖と「仲間外れ」によって無法者の国を抑止する。
が、どんな失敗国家も侵略されず内戦の時代に。

「パリ不戦条約」という忘れられた国際条約から
鮮やかに世界史の分水嶺が浮かび上がってくる。

【もくじ】
序章 一九二八年という分岐点

第一部 旧世界秩序
第一章 戦争を合法化したオランダ人弁護士
第二章 四五〇の宣戦布告文書を分析する
第三章 殺しのパスポートをいかに得たか
第四章 経済制裁は違法だった

第二部 移行期
第五章 戦争はこうして違法化された
第六章 日本は旧世界秩序を学んだ
第七章 満州事変は新世界秩序の最初の試金石だった
第八章 新世界秩序の勝利
第九章 ソ連を組み込む
第一〇章 ナチスの侵略を理論化した政治学者
第一一章 ニュルンベルグ裁判の論理を組み立てる
第十二章 戦争犯罪を個人の責任として裁く

第三部 新世界秩序
第一三章 一九二九年以降、永続的侵略は激減した
第一四章 国の数が増えたのには理由がある
第一五章 失敗国家の内戦
第一六章 「仲間はずれ」という強制力
第一七章 イスラム原理主義は違う戦争を戦う
終章 国際主義者たちを讃えよ

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
728ページ
電子版発売日
2018年10月12日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

逆転の大戦争史 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月22日

    トンデモ歴史本みたいなタイトルで期待していなかったが、すごい良書!期待してなかった分、なおさら印象に残った。
    戦争とはなにかを国際法の発展とともに考察する法学書といってもいい内容だが、特に1928年のパリ不戦条約に焦点をあてている。あまり有名ではないこの条約の以前と以後では世界構造がまったく変わって...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春e-book の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング