後妻業
  • ptバック

後妻業

作者名 :
通常価格 789円 (731円+税)
紙の本 [参考] 799円 (税込)
獲得ポイント

318pt

  • 40%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

小説が現実を凌駕した、あの話題作が文庫化&映画化!

91歳の耕造は妻に先立たれ、69歳の小夜子を後妻に迎えていた。ある日耕造が倒れ、小夜子は結婚相談所の柏木と結託して早々に耕造の預金を引き出す。さらに公正証書遺言を盾に、遺産のほぼすべてを相続すると耕造の娘たちに宣言した――。高齢の資産家男性を狙う<後妻業>を描き、世間を震撼させた超問題作。解説・白幡光明

2016年8月公開 映画「後妻業の女」(主演・大竹しのぶ、豊川悦司) 原作

※本作品は 2016年6月9日まで販売しておりました単行本電子版『後妻業』の文庫電子版となります。 本編内容は単行本電子版と同じとなります。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
496ページ
電子版発売日
2016年06月10日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB
  • ドラマ化

    「後妻業」

    2019年1月22日~ フジテレビ系 
    出演:木村佳乃、高橋克典、木村多江

Posted by ブクログ 2018年12月06日

めちゃくちゃ面白かったな。中盤で探偵が登場して三つ巴の構図になってからのスピード感が凄い。全く中だるみなしで一気に読まされた。しかも出てくる悪党が誰も勝ち逃げしないで終わるラストもなかなか良い。実際には被害者置いてけぼりなんだけども。黒川博行ならでは。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「黒川博行」のこれもおすすめ