帰還 ゲド戦記4

帰還 ゲド戦記4

作者名 :
通常価格 820円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ゲドの故郷ゴント島で一人暮らすテナーのもとに、大やけどを負った少女と、いまや魔法の力を使い果たしたかつての大賢人ゲドが、吹き寄せられるようにやってきた。やがて3人はいっしょに暮らすようになるが、それぞれの過去がこだましあい、領主の館をめぐる陰謀にしだいに巻き込まれてゆく。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波少年文庫
ページ数
398ページ
電子版発売日
2015年11月20日
コンテンツ形式
XMDF
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年02月13日

3冊目のゲド戦記から16年後に発表されたゲド戦記4番目のお話。訳者の清水さんが書いているように、竜の親分カレシンに乗ってゴント島に帰ってきたゲドを迎えたのは、2巻目でゲドとともにハブナーに伝説の腕輪を持ち帰ったテナーだった。
この巻は、そのテナーが再び主人公になり、養子に迎えたテルー、そして一切の魔...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月27日

ジブリで映画化もされた、ゲド戦記の4冊目。

他のと違って「ゲド戦記Ⅳ」って書いてないけど4冊目。


今回はテナー視点で書かれていて、彼女があのあとどうなったのか知りたかった私にとっては最初からすごく面白く読めた。

物語の中で語られる一つひとつの言葉、物語には何も無駄なものはなく、すべてが伏線だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月19日

このゲド戦記シリーズは大魔法使いの一生の中で一貫して
人間世界がもたらした視野の狭い知識と知恵と所有意識によって
自然界の調和した食物連鎖に見る営みからはみ出した
人間の強欲と対立関係が必要とする嘘と秘密による暴力と
イジメ真理からなる無理心中とも言える共食い問題について
文化的な無限なるモノとして...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月22日

が、それだけでは十分ではなかった、正義と真実とでは。正義と真実との先にまだ何か、隙間とも、空白とも、深淵ともいうべきものがあった。

ゲド戦記4巻目。
相変わらず完成度が高いわ~。児童書というより哲学書に近い。

地に足をつける。
女の生きかた。
距離があってこそ愛することができる肉親。
偉大な人物...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月26日

これはすごい!
今までのゲドシリーズで培ったイメージをかなぐり捨てた作品。作者の強い意志を感じる本。
女として、どう生きるのか? 作者のメッセージがあふれている!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play