アーシュラ・K.ル=グウィンの一覧

「アーシュラ・K.ル=グウィン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/11/20更新

ゲド戦記
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 影との戦い ゲド戦記1

    ことばは沈黙に
    光は闇に
    生は死の中にこそあるものなれ
    飛翔するタカの
    虚空にこそ輝ける如くに
    『エアの創造』


    この言葉の意味を、最初はオジオンから、そして学院での長たち、自己顕示欲とそれに伴う失敗からゲドと共に少しずつ感じ取っていった。そしてラストシーン。それを本当に自分のものにできたような...続きを読む
  • さいはての島へ ゲド戦記3
    どうして、ゲド戦記を読むとこんなにも心が揺さぶられるのか。生と死を真っ正面から見つめることの恐ろしさを感じて、しかし登場人物と共に、それと向き合い、「生きる」ことを選び取っていく勇気をもらえるからなのだと思う。
    生きていくことはこんなにも難しく、また恐ろしく、そして勇気のいることなのだろうと。自分た...続きを読む
  • 帰還 ゲド戦記4
    「こわれた腕輪」のテナーとゲドが再会する話。
    あの話で二人は確かに惹かれあっていたんだな、とわかる。
    テナーが結婚したと知った時にどう思ったか?という話題で、ゲドは「がっかりした。」と答えている。テナーは魔法使いになるのをやめたことだと思ったみたいだけど、私は恋愛としてでは?と思った。
    それから、テ...続きを読む
  • 影との戦い ゲド戦記1
    ファンタジーだが、本当によく出来ている。
    何度も巻頭の地図を見て、どの辺りにいるのか想像した。
    才能のある健康な若者がアースシーの世界中を旅するのが羨ましい。魔法使いという存在が魅力的に描かれている。
    彼が傷心で学院で勉強する時に、オジオンと過ごした日々を思い出すのが良い。一緒にいる時は生意気で退屈...続きを読む
  • 影との戦い ゲド戦記1
    4度目にして、初めて読めた気がする。

    【読書メモ】
     ・ 「聞こうというなら、黙っていることだ。」 p39
     ・ 「わたしとりの力ではとてもだめです。どうか力を貸してください。」/「自分の名を言いなされ。」 p66
     ・ なかでお目くらましの術はいともかんたんに自分のものにしてしまったので、本当は...続きを読む