冒険の日々(小学館文庫)

冒険の日々(小学館文庫)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

昭和40年代、子供たちにとって遊ぶことがすべてだった時代の胸躍る冒険の日々―こっそり忍び込んだ空き家で見つけた藁人形が騒動を引き起こす「座敷童子の夏」。河童を生け捕りにしようと底なし沼にボートを漕ぎ出す「河童沼」。廃坑になった洞窟を探検しているうちに不気味な寒村に迷い込んでしまった「山姥の里」ほか、自然の中で生きる人間の逞しさを描いて直木賞を受賞した著者の原点ともいえる郷愁あふれる連作集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2015年02月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

冒険の日々(小学館文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年10月30日

    「漂泊の牙」で圧倒的な緊張感と力感を見せた熊谷さんなのですが、この作品では(妖怪たちが出る事をのぞけば)重松清的な少年物語です。
    充分に読ませてもらえるのですが、重松さんと比較すると、何かが、多分ノスタルジーの表現がほんの少し足りない感じがします。
    最初は動物物でスタートし、その時はジャンルの特...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月21日

    いつも不思議を感じていた子供の頃。そんな懐かしい子供の頃の記憶を呼び覚ましてくれるような連作短編集。座敷童子、河童、天狗、鬼、雪女に山姥と子供の頃なら身近に感じたような妖怪怪異を題材に描かれたノスタルジックな時代風景。

    単行本化に際し、プロローグとエピローグが書き下ろされ、短編集全体を上手く引き締...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月13日

    最初、読み始めはつまらなかった。
    私は熊谷氏と同じ昭和33年仙台生まれ。読んでいるうちに昔を思い出し相槌をうっていました。いい本です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています