左手首

左手首

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

美人局のはずだった。だが、頭の弱い女が誘い込んだのはヤクザで、相棒の男が凄んでも脅しが効かない。逆ギレするヤクザ。女は消火器を振り下ろした。バラバラにした死体をいざ埋めようとするが……「左手首」。解体業者と組んで事故車で稼いでいた損保・車両鑑定人(アジャスター)の悪どい手口……「解体」。一攫千金か奈落の底か、欲の皮の突っ張った奴らが放つ最後のキツイ一発! なにわ犯罪小説七篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2014年10月03日
紙の本の発売
2005年01月
サイズ(目安)
1MB

左手首 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月07日

    小悪党が犯罪を犯し、決してハッピーエンドで終わらない短編集。
    黒マメコンビや桑原・二宮コンビの作品とは一味違った黒川作品としてサラっと読めました。
    黒川作品らしい、登場人物のセリフのやりとり、好きやなぁ・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月01日

     暗黒小説の短編集。黒川博行は『後妻業』で知ったのだが、こういった暗黒小説を描かせると本当に上手い。
     それぞれの章にアンダーグラウンドに生きる人々が登場するが、いづれも警察に捕まったりヤクザに捕まったりする。それがあまりにもリアルで、背筋が寒くなる思いがする。
     悪いコトはするもんじゃないと、つく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月01日

    小悪党の悪知恵者の小銭稼ぎみたいな犯罪の短編集みたいなもの。軽く読めていい。緊張感やサスペンス的盛り上がりが少ない感じはするが、小説そのものが短いのでこんな物だろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月24日

    子悪党の犯罪もの。すべてうまくいかないのですねえ。短編なので疫病神シリーズほどのわくわく感はなかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月05日

    著者得意の悪漢物の短編集。悪漢といっても極道そのものではなく、いわゆる小悪党が主人公であり、やることも中途半端。まあ、素人が欲をかいてプロの真似をしてもうまくいかないという内容だか、もう少しパンチの利いた話のほうが面白いと思うのだか。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年03月11日

    フェリー用に文庫本。久しぶりの黒川博行だけど、いまいち。短編集なんだけど、全部ヤクザまでいかないチンピラが、身の丈に合わない犯罪をしようとして結局警察につかまったり、ヤクザにつかまったりするだけの話。全部が。で、最初の一遍を読んだときに「つまんねー」と思ったけど、解説を読んだら、まぁこれも楽しめるか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています