故郷はなぜ兵士を殺したか

故郷はなぜ兵士を殺したか

作者名 :
通常価格 1,555円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

市井の人々は戦死者にどのような感情を抱き、「聖戦」に組み込まれていったのか。戦争を生きのびた者は、戦死者とどのように向き合ったのか。兵士を送り出した故郷と戦争のかかわりに鋭く迫る画期的考察。
※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川学芸出版
掲載誌・レーベル
角川選書
電子版発売日
2014年09月18日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2011年02月21日

本書は卒論では扱いきれず持て余した慰問文や行政文書、手紙等を史料に郷土を通して戦争を考察しています。

民衆社会・郷土が担っていた仕組みを理解すると、詩『戦死やあわれ』で竹内浩三が詠んだ「ふるさとの風」の意味がようやく理解出来て、これはもう泣くしかない。

竹内の詩にある、「絶大なる愛情のひびきを聞...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play