ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則

ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則

作者名 :
通常価格 2,376円 (税込)
獲得ポイント

11pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

良い企業は多いが、偉大な企業はきわめて少ない。株式の平均運用成績の観点から、大きな飛躍を経験し、以後15年間にわたってその実績を維持したジレットやフィリップモリスをはじめとする11社を偉大な企業として選び、各社をそれぞれの競合企業と比較する。一見すると地味なこれら11社が、GEやインテルを上回る実績を残した要因をリーダーシップ、人材戦略、企業文化等から分析し、良好な企業が偉大な企業へと変貌するために必要な条件を明らかにする。

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
360ページ
電子版発売日
2014年08月29日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年04月15日

良好(グッド)は偉大(グレート)の敵である。

偉大な名言から始まる言わずと知れた名著ですが、書いてあることは至極基礎的。
「第五水準のリーダーシップ」「誰をバスに乗せるか」「ストックデールの逆説」「針鼠の概念」「規律の文化」…などなど、目新しさは無いものの、全てを満たしかつ、仕組み化により長期に運...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月22日

自身のビジネス経験を基に書かれた本は数多あるが、徹底的に行った客観的な調査に基づいて、普遍的法則をあぶり出している点で、この内容は、非常に信頼できる。

謙虚さを持って、チームのために野心を燃やす。第五水準のリーダーシップ。
最初に人を選び、その後に目標を選ぶ。
厳しい現実を直視する。どうやって意欲...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月31日

素晴らしい本。いわゆる成功者の話や思想と異なり、キチンとした差異分析に基づいた結果をまとめている。それぞれの原理原則はシンプルなものだが、徹底して実行するのが簡単ではない。針鼠の概念に集中しようと思っても、不安になり色々と手を出してしまったり、誰をバスに乗せるかを徹底できなかったりする。この本は自分...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年07月22日

Good企業がGreat企業へ飛躍できるか否かの違いを記した著。

飛躍した企業は、「してはならいこと」と「やめるべきこと」を重視している。
飛躍した企業は、「規律ある人材」を揃えれば「モチベーションアップ」は不要。
飛躍した企業は、経営者が「謙虚さ」と「不屈の精神」を兼ね備えている。
偉大なリーダ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月30日

「ビジョナリー・カンパニー」のレビューを書いたので、ついでにその続編のほうも。

この本も、「ビジョナリー・カンパニー」同様のスタイルで、きわめて、しっかりした研究デザインのもと、インタビュー調査、定量分析、そして研究チームでのディスカッションのもとに書かれていて、見事というほかない。普通なら、研...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play