禁断 横浜みなとみらい署暴対係

禁断 横浜みなとみらい署暴対係

作者名 :
通常価格 785円 (714円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

横浜・元町で大学生がヘロイン中毒死した。暴力団・田家川組が事件に関与していると睨んだ神奈川県警みなとみらい署暴対係警部・諸橋は、ラテン系の陽気な相棒・城島と事務所を訪れる。ハマの用心棒――両親を抗争の巻き添えで失い、暴力団に対して深い憎悪を抱く諸橋のあだ名だ。事件を追っていた新聞記者、さらには田家川組の構成員まで本牧埠頭で殺害され、事件は急展開を見せる。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
576ページ
電子版発売日
2014年08月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

禁断 横浜みなとみらい署暴対係 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月09日

    大学生のヘロイン中毒死 新聞記者のとヤクザの死
    中国武装警察隊? なんだか怖かった〜。
    「ハマの用心棒」も拉致されたり 城島さんもなんだか今回はモヤモヤしてるし、無理やりの突破で解決したけど怖かった〜。
    564ページもあるけど スピード感があって面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月25日

    今野敏『禁断 横浜みなとみらい署暴対係』徳間文庫。

    諸橋と城島の同期の二人の刑事を主人公にした警察小説。降格人事により係長として、みなとみらい署に赴任した諸橋とその煽りで係長補佐となった城島。『ハマの用心棒』と呼ばれる堅物で頑固者の諸橋に対して、ラテン系の城島という二人の活躍が面白い。

    横浜の元...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月27日

    横浜みなとみらい署シリーズの2作目。今回も諸橋と城島のコンビは最高でした。敵対していると思われた身内も段々と『ハマの用心棒』のやり方に共感してくる様がとても心地良いです。誰かのレビューでアメリカのTVドラマ『スタスキー&ハッチ』を思い出したとあったが、全くその通りですね。懐かしいとか言うと歳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月23日

    シリーズ3作目。2作目が待てなくてフライングだけどこっちを先に。
    ※シリーズ2作目であっていました。フライングじゃなかったです。

    今回は中国警察部隊も登場しての、大掛かりな仕掛けに挑む。
    確証が持てず何度も迷子になりそうになるが、
    今野さんは一つ一つ立ち止まって確認してくれる。
    今野さんの筆は、急...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月09日

    横浜のみなとみらい署のマル暴係長、諸橋は45歳の警部。
    彼は「ハマの用心棒」と呼ばれている。
    ヘロインの新たな供給源をめぐり、暴力団とハマの用心棒率いる警察と中国の人民武装警察部隊との戦いが始まる。

    *****************

    人物描写など、説明文ではなく文章で分からせるところが良かった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月14日

    みなとみらい署に場所を移しかつ暴対班。話は明確だが、展開が難しく、長編に。他の班長シリーズ程、共感できない。ただ、読みやすく、次は何と期待させる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年12月08日

    う~ん。
    軽くは読める。
    最近は警察ものが多い為だからか
    渋い主役刑事にキュンとしなくなり
    逆に参謀的な脇役に頼もしさを感じる。

    もっとも、そうなるように
    作者も作品を書き上げているんだろうけど・・・

    軽く読める分枚数の割には
    ミステリー要素は今ひとつ物足りなかった。
    どちらか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

横浜みなとみらい署 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係
    神奈川県警みなとみらい署。暴力犯係係長の諸橋は「ハマの用心棒」と呼ばれ、暴力団には脅威の存在だ。地元の組織に潜入捜査中の警官が殺された。警察に対する挑戦か!? ラテン系の陽気な相棒・城島をはじめ、諸橋班が港ヨコハマを駆け抜ける!
  • 禁断 横浜みなとみらい署暴対係
    横浜・元町で大学生がヘロイン中毒死した。暴力団・田家川組が事件に関与していると睨んだ神奈川県警みなとみらい署暴対係警部・諸橋は、ラテン系の陽気な相棒・城島と事務所を訪れる。ハマの用心棒――両親を抗争の巻き添えで失い、暴力団に対して深い憎悪を抱く諸橋のあだ名だ。事件を追っていた新聞記者、さらには田家川組の構成員まで本牧埠頭で殺害され、事件は急展開を見せる。
  • 臥龍 横浜みなとみらい署暴対係
    みなとみらい署暴対係係長諸橋と相棒の城島は、居酒屋で暴れた半グレたちを検挙する。彼らは東京を縄張りにする「ダークドラゴン」と呼ばれる中国系のグループだった。翌々日、関東進出を目論む関西系の組長が管内で射殺される。横浜での抗争が懸念される中、捜査一課があげた容疑者は諸橋たちの顔なじみだった。捜査一課の短絡的な見立てにまったく納得できない「ハマの用心棒」たちは──。(解説:西上心太)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

横浜みなとみらい署 に関連する特集・キャンペーン