【感想・ネタバレ】禁断 横浜みなとみらい署暴対係のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2020年10月09日

大学生のヘロイン中毒死 新聞記者のとヤクザの死
中国武装警察隊? なんだか怖かった〜。
「ハマの用心棒」も拉致されたり 城島さんもなんだか今回はモヤモヤしてるし、無理やりの突破で解決したけど怖かった〜。
564ページもあるけど スピード感があって面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月25日

今野敏『禁断 横浜みなとみらい署暴対係』徳間文庫。

諸橋と城島の同期の二人の刑事を主人公にした警察小説。降格人事により係長として、みなとみらい署に赴任した諸橋とその煽りで係長補佐となった城島。『ハマの用心棒』と呼ばれる堅物で頑固者の諸橋に対して、ラテン系の城島という二人の活躍が面白い。

横浜の元...続きを読む町で大学生がヘロイン中毒死したことをきっかけに次第にキナ臭くなる横浜。暴力団・田家川組を中心に東西のヤクザたちがあちこちでいざこざを起こし、新たな麻薬ルートの謎を巡り、新聞記者、田家川組の構成員までが殺害される。

諸橋と城島を疎ましく思う監察官の笹本、重要な場面で諸橋と城島に協力する神風組の組長とたった一人の組員・岩倉の存在も面白さの一因になっている。

今野敏は数多くの警察小説シリーズを手掛けているが、どれを読んでも全くハズレがない。余りにも多くのシリーズと作品を手掛けているが故に全てを読むのは難しいが、どのシリーズのどの作品をどの順番で読もうと違和感も無く、面白いのだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月27日

横浜みなとみらい署シリーズの2作目。今回も諸橋と城島のコンビは最高でした。敵対していると思われた身内も段々と『ハマの用心棒』のやり方に共感してくる様がとても心地良いです。誰かのレビューでアメリカのTVドラマ『スタスキー&ハッチ』を思い出したとあったが、全くその通りですね。懐かしいとか言うと歳...続きを読むもバレます(^^)まだまだ楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月23日

シリーズ3作目。2作目が待てなくてフライングだけどこっちを先に。
※シリーズ2作目であっていました。フライングじゃなかったです。

今回は中国警察部隊も登場しての、大掛かりな仕掛けに挑む。
確証が持てず何度も迷子になりそうになるが、
今野さんは一つ一つ立ち止まって確認してくれる。
今野さんの筆は、急...続きを読むかさないし、独りよがりに暴走しない。

逮捕劇の緊迫を経て、、、そして、読後、あったか。
マル暴の話なのにね!?

個人的に神野&岩倉が好きなので、要に登場してうれし。
諸橋がお茶を飲んでくれて、またうれし。

防波堤がやっと貸出し可になったのでやっと読めます。
雨降りなので、明日まで我慢。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年03月12日

シリーズ2作目。横浜を舞台とした薬物戦争とでもいえばよいでしょうか。500ページを超える大作で読み応え十分。著者としてもこなれてきたのか、諸橋と城島コンビの息、また部下4人の立ち振る舞いも一層磨きがかかったように感じ、安定感が出てきました。

ラストはピンチに陥った諸橋をまたしても倉持による捕り物で...続きを読む救う展開で、スゴイの一言! 監察官である笹本との関係も一歩進みお互いの理解も深まったようでなんだかほほえましかったです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月08日

う~ん。
軽くは読める。
最近は警察ものが多い為だからか
渋い主役刑事にキュンとしなくなり
逆に参謀的な脇役に頼もしさを感じる。

もっとも、そうなるように
作者も作品を書き上げているんだろうけど・・・

軽く読める分枚数の割には
ミステリー要素は今ひとつ物足りなかった。
どちらか...続きを読むと言えば
人間模様が中心かなぁ?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月14日

みなとみらい署に場所を移しかつ暴対班。話は明確だが、展開が難しく、長編に。他の班長シリーズ程、共感できない。ただ、読みやすく、次は何と期待させる。

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング