逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係

逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係

作者名 :
通常価格 691円 (629円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

神奈川県警みなとみらい署。暴力犯係係長の諸橋は「ハマの用心棒」と呼ばれ、暴力団には脅威の存在だ。地元の組織に潜入捜査中の警官が殺された。警察に対する挑戦か!? ラテン系の陽気な相棒・城島をはじめ、諸橋班が港ヨコハマを駆け抜ける!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2014年06月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年09月04日

    かっかっこいい……。諸橋と城嶋のコンビ+諸橋班の面々はカッコよすぎる!そして、また神野がいい。なんともいい。みんながホレる諸橋の活躍は、色々あっても爽快感がある。 一本通ってる。もっと読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    舞台が横浜で出てくるキャラの個性に惹かれた・・どっかのドラマのコンビみたいな二人が好きです。一気にハマって読んでしまえるほど読み易いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月21日

    隠蔽捜査シリーズの竜崎さんが神奈川県警に異動になったので、遅ればせながらこちらのシリーズを読み初めました。諸橋と城島、頼りになる部下たち。今野作品らしい一冊ですね。今後もシリーズ読み進めます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月30日

    暴力団担当の刑事と、暴力団との戦いの話。被害者の殺され方の描写が怖くて、イラストなんかないのに目をつぶりたくなった。マル暴刑事は大変だ・・・。でもここでもやはりチームワークというか信頼関係の元解決したという、今野敏作品のいい終わり方だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月30日

    今野 敏 「逆風の街―横浜みなとみらい署暴力犯係」

    レビュー 久しぶりのマル暴刑事もの。武骨で熱い刑事達がみなとみらいをかけまわります。
    情け容赦ないやくざたちとそれに輪をかけてやくざには容赦ない刑事達の抜きつ抜かれつは、ワクワクするし読後もスカッとします。
    今野敏特有の同僚愛を前面に押し出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月05日

    タイトル通り、みなとみらい署暴力犯係の話。
    続編が出たので手にしたけれど、何で今まで見逃してたのかって位、気に入った。
    安積班みたく、魅力的な上司とその部下達の話なんだけど、この人にしてはめずらしく、ハードめな印象だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月16日

    神奈川県警みなとみらい署。暴力犯係係長の諸橋は「ハマの用心棒」と呼ばれ、暴力団には脅威の存在だ。地元の組織に潜入捜査中の警官が殺された。警察に対する挑戦か!?ラテン系の陽気な相棒・城島をはじめ、諸橋班が港ヨコハマを駆け抜ける。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月15日

    今野さんのシリーズ物をもう一つ。警察小説だけど、ハンチョウとも竜崎とも違う。マルB相手の部署ってことで、とにかく荒っぽい。個人の趣味の問題なんだけど、私はどうも苦手です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月16日

    横浜みなとみらい署の暴力犯係係長は、親をヤクザに殺された過去を持ち「ハマの用心棒」と呼ばれ、暴力団には脅威の存在。

    潜入捜査官が殺害された事件をめぐって、事を公にしたくない上層部の圧力、違法ギリギリの捜査手法を問題視する監察官との軋轢など絡めながら展開する。今野さんお得意の警察小説ですが、登場人物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月25日

    暴対課の刑事モノ。
    ヤクザの怖さと警察に対する不信感から救ってくれるヒーロー?の登場。
    読み始めると止まらない、出張の新幹線があっという間に感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

横浜みなとみらい署 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 逆風の街 横浜みなとみらい署暴力犯係
    神奈川県警みなとみらい署。暴力犯係係長の諸橋は「ハマの用心棒」と呼ばれ、暴力団には脅威の存在だ。地元の組織に潜入捜査中の警官が殺された。警察に対する挑戦か!? ラテン系の陽気な相棒・城島をはじめ、諸橋班が港ヨコハマを駆け抜ける!
  • 禁断 横浜みなとみらい署暴対係
    横浜・元町で大学生がヘロイン中毒死した。暴力団・田家川組が事件に関与していると睨んだ神奈川県警みなとみらい署暴対係警部・諸橋は、ラテン系の陽気な相棒・城島と事務所を訪れる。ハマの用心棒――両親を抗争の巻き添えで失い、暴力団に対して深い憎悪を抱く諸橋のあだ名だ。事件を追っていた新聞記者、さらには田家川組の構成員まで本牧埠頭で殺害され、事件は急展開を見せる。
  • 臥龍 横浜みなとみらい署暴対係
    みなとみらい署暴対係係長諸橋と相棒の城島は、居酒屋で暴れた半グレたちを検挙する。彼らは東京を縄張りにする「ダークドラゴン」と呼ばれる中国系のグループだった。翌々日、関東進出を目論む関西系の組長が管内で射殺される。横浜での抗争が懸念される中、捜査一課があげた容疑者は諸橋たちの顔なじみだった。捜査一課の短絡的な見立てにまったく納得できない「ハマの用心棒」たちは──。(解説:西上心太)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

横浜みなとみらい署 に関連する特集・キャンペーン