みずから我が涙をぬぐいたまう日

みずから我が涙をぬぐいたまう日

作者名 :
通常価格 1,134円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

天皇に殉じて割腹、自死を遂げた作家の死に衝撃を受けた、同じ主題を共有するもう1人の作家が魂の奥底までを支配する〈天皇制〉の枷をうち破って想像力駆使し放つ"狂気を孕む同時代史"の表題作。宇宙船基地より逃走する男が日本の現人神による救済を夢見る「月の男」。──全く異なる2つの文体により、現代人の危機を深刻、ユーモラスに描く中篇小説2篇。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文芸文庫
ページ数
299ページ
電子版発売日
2013年11月29日
コンテンツ形式
EPUB

「みずから我が涙をぬぐいたまう日」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年06月16日

大江健三郎「みずから我が涙をぬぐいたまう日」

なぜ今までこの作品を未読だったのか非常に悔やまれる!
やはりこの時期の大江作品は神憑っている。
物語の進行上かなり重大な新事実を、
さも当たり前の事ででもあるかのように
関係詞節内にさらっと入れる手法は、
明らかにフォークナー、マルケスからの影響だろう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月19日

ここ一年ぐらい封印していた「大江氏を読むこと」を、ついにやぶってしまった。

相変わらず、ずるずると引きずり込まれる、この人の世界に。

「みずから我が涙をぬぐいたまう」という不思議なタイトルについて、読み進めていって、なるほど、とわかった。

また、「懐かしい年への手紙」などと通じるモチーフが随所...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月06日

ミシマの自決に直接的に揺り動かされて、オオエの終生のテーマである天皇制に取り組んだ中篇2作。人生の三分の二、意識のレベルでいうとそれ以上の比重で平成に暮らしてきた個人としては、テーマ自体に共感を持つことはできない。ただ、それ故にかフラットに小説として読むことはでき、この時期のオオエの様々な発想は面白...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年09月19日

「みずから我が涙をぬぐいたまう日」と「月の男(ムーン・マン)」という、狂気をユーモラスにかつ哀切をこめて描いた二つの中篇からなる本。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,867

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!