長崎乱楽坂

長崎乱楽坂

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
紙の本 [参考] 473円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

風呂上りの火照った肌に鮮やかな刺青を躍らせた猛々しい男たちが、下穿き一つで集い、日々酒盛りに明け暮れる三村の家。人面獣心の荒くれどもの棲む大家族に育った幼い駿は、ある日、若い衆が女たちを連れ込んでは淫蕩にふける古びた離れの家の一隅に、幽霊がいるのに気づくのだった。湾の見える町に根を下ろす、昭和後期の地方侠家の栄光と没落のなかに、繊細な心の成長を追う力作長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年05月24日
紙の本の発売
2006年12月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

長崎乱楽坂 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年04月03日

    吉田修一作品というと、そこはかとなくおしゃれですっきりサラサラしていて、そしてフェミニンなかおり漂うというイメージなんだけど、それを気持ちよく裏切るような泥臭い話。何しろ、やくざ稼業の一家で大人になっていく少年の話なんだから。
    はなれのおばけを信じていた駿少年が青年へと育ち、アルバイトで金をためて女...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月01日

    よく行くお店の常連さんのお勧め。
    作家の名前だけ聞いて、どの本、というのは聞いていなかった。本屋で選んだのがこれ。

    乾いた、固い文で、淡々とつづられた物語。
    この人の他の本もこうなのだろうか?

    最後はちょっと大げさすぎたかなぁ・・・。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月21日

    駿と悠太という、二人の兄弟の物語。

    でも、主人公は実質的に駿といってよい。

    長崎の極道というものがどういうものか、
    駿の成長過程とともに描かれてゆく。

    特にカタルシスはなく、なんとなく、虚しさだけが残る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月29日

    地方ヤクザの栄枯盛衰を描いた物語。
    「ヤクザ」というある種、異質な家庭で育つ兄弟。

    各章ごとに時系列が途切れ、衰退の一途を辿る一族。
    地方に生まれ、地方で長い年月を生きた者には、共感できる風景の描写、兄弟の心の機微が多い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月21日

    1回途中まで読んで放り投げたけど、もう一回読んでみたらすいすい読めました。なんだか終わり方が『天人五衰』っぽい…感じがしました。うまく言えないけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    読み始めはなんて温度が高い小説かと驚いた。そして、主人公である瞬が、小1、小5、中1、中3、そして高校2年で中退し、最後には最初は赤ん坊に近かった弟が大学生となり、主人公ではなくなった兄をあきれた目で見るようになるまでの、どんどん温度が低くなっていく過程に悲しくなった。一話一話進むごとに、三村家の人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    いつからだろう・・・?

    さだまさしの『解夏』を読んでから?吉田修一の本と出会ってから??

    僕は行ったことのない長崎県にとても魅力を感じるようになりました。

    この長崎楽乱坂は、父親が死にヤクザの一家で生活することになった二人の兄弟の話です。

    母が二人のもとを去り、大人になっていく姿が描...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    風呂上りの火照った肌に鮮やかな刺青を躍らせた猛々しい男たちが、下穿き一つで集い、日々酒盛りに明け暮れる三村の家。人面獣心の荒くれどもの棲む大家族に育った幼い駿は、ある日、若い衆が女たちを連れ込んでは淫蕩にふける古びた離れの家の一隅に、幽霊がいるのに気づくのだった。湾の見える町に根を下ろす、昭和後期の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月12日

    長崎らしい独特の雰囲気がまさに乱を起こしているように賑々しく。自分には少し雄臭い感じが合わなかったけれど、文字だけでこれだけの乱が描けるのかということに脱帽だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月28日

    やくざの家族の物語 地方のやくざ一家の物語、いつもの半端もんの男達が集まる家も時代とともに、廃れていき最後に物語の象徴的な離れが火事で焼ける。最初は子供目線で見ていた一家の様子も大人になり思い出となり、人は死に、殺されと憧憬と共に寂しさが伝わってくる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング