あの空の下で

あの空の下で

作者名 :
通常価格 378円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

初めて乗った飛行機で、少年は兄の無事を一心に祈っていた。空は神様に近いぶん、願いが叶う気がして――。機上で、田舎の駅で、恋人が住んでいた町で。ささやかな、けれど忘れられない記憶を描いた12の短編と、東南アジアから北米まで、6つの町での出会いをつづったエッセイの詰め合わせ。ANAグループ機内誌『翼の王国』人気連載をまとめた、懐かしくいとおしい、旅情を誘う作品集。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
216ページ
電子版発売日
2011年11月25日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2012年02月12日

好奇心が好き
母親が大学へ進学した息子を心配して飛行機に乗る話し。
機内の通路に立ったままの気の利かない青年と、隣席の若いお母さんに抱かれた男の子の赤ん坊。自分と息子の過去と未来に重ねてみる様子が楽しい。子育ても旅だなぁと思う

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月09日

短編は気の抜けた炭酸水みたいなものと思っていたけど、そうではなかった。エッセイも短編ぽい。それも悪くはない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月30日

飛行機会社の機内雑誌に掲載された短編集。多分、全て映画の題名で、内容に全て旅を絡めている。現在の生活に満足はしていないが、前向きに頑張ってみようって話ばかりで、良かった。映画を見てたら、なるほどと感じるところも多かったかもしれないが、残念ながら1本しか見ていない。エッセイを含めて読んでいると、飛行機...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月16日

旅、というか飛行機の中で読むのに最適な本。
ほっこりする。一話完結型の短い小説とエッセイだから気軽に読める。
思わず旅をしたくなりますね。


初めて読む吉田修一の本だが、印象としては、割と静かな人なのかなと。あと自由な旅が好きな方、と。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月31日

ANAの機内誌に連載された短編とエッセイ集。
機内誌の連載ですから普通の短編より短く、200ページほどの文庫本に18作品が収められています。
短くてさらりと読める内容ですが、一言でいうなら小粋。
短いながらも月並みでは無く、上手さを感じさせる作品です。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play