天は赤い河のほとり(1)
  • 完結

天は赤い河のほとり(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

みごと高校入試に合格した夕梨(ゆうり)は、ずっと好きだった氷室君とファーストキスまでして、嬉しいことばかり。でもそんなある日、彼女の目の前でコップの中の水が勝手にわきあがるという奇妙な出来事が!!さらに、水槽の中から手が出てきたり風呂の中に引き込まれそうになったりと、おかしな事は続く。初めは錯覚だと思っていたのだが、しだいに怖くなっていく夕梨。そしてある日、氷室君とのデートの途中で、夕梨は水たまりから出てきた手に捕まって、水の中に消えてしまう。やっとの思いで水から逃れた夕梨だが、辺りにはさっきまでとは全く別の風景が広がっていた。なんとそこは古代ヒッタイト帝国で…!?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
Sho-Comi
電子版発売日
2012年10月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
37MB

天は赤い河のほとり(1) のユーザーレビュー

    はじめて読んだ歴史ロマンスもの

    紗羅双樹 2015年09月28日

    母親が全巻買いそろえており、何回も読みました。

    タイムスリップ物にはまったのは、大体これと王家の紋章のせいです。

    変にだらだら続かずに良い終わりかたをしてるとおもいます。(王家の紋章があの調子なので余計に・・・)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月03日

    大好きな篠原千絵先生ですが、この大作はまだ読んでませんでした。古代のトルコあたり(ヒッタイト)とエジプトを舞台にした勢力争いという舞台設定だけでも魅力的ですが、なんといってもヒッタイトの第3王子(のちに王)カイルの格好良さ!篠原千絵作品は、だいたい主人公の女性がとにかく頑張る感じで、主人公の恋人はま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月15日

    私がトルコやエジプトなど、中東諸国に興味を持つきっかけとなった漫画。
    中学生の時に買い集め、何回読み返したか分からないほど面白い。
    人生のバイブルといっても過言ではない。
    とにかく面白い、その一言に尽きる。
    漫画だからと言って読まないのは損!
    登場人物が全て素敵で、特に男性キャラは色っぽくてカッコイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    最高!

    asuuu 2020年06月24日

    お互い一途でこれぞマンガ!ファンタジーって感じです。何回も読みなおしたくなるマンガです。絵が苦手と思ってる人も読めばハマるはず♪♪

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    強い!

    ちぃ 2020年02月14日

    初めて読んだトリップもので、すごくハマりました。
    いや、ユーリは本当に強い!
    ただの女子高生だったのに、異世界でこんなにも強く生きれるのかと感動します。
    ほんっっっとうに色んなことが起こって、それでも最後は幸せになれた姿に安心しました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    昔から大好きなマンガ。

    みお 2020年02月09日

    何度読み返したかわからないです。
    実家を出たときにこのマンガが処分されてしまったので、改めてこちらで購入しました。
    普通のかよわい女の子が努力してカッコイイ女に変わっていって、周りもその子にどんどん惹かれていく話って大好きです。
    暁のヨナとかこのマンガとかぶる部分が多いですが、このマンガ自体も何かの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    ハマりました

    mic92 2020年01月09日

    エジプト(王家の紋章)に隠れて目立たないヒッタイトですが、実は巨大帝国を築いていた事を思い出しました。オリエントの歴史に基づく作品として勉強にもなります。
    そこに元気印の日本人の女の子が活躍して恋をするというロマンスありで、どんどん読めました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    1巻。

    蜜蜂 2019年12月15日

    現代日本から古代中東(紀元前14世紀・トルコ)に、魔術で強制的にトリップさせられた主人公・ユーリ。皇妃ナキアによって、彼女が産んだ息子以外の皇子を呪い殺す生贄として呼ばれた訳ですが、帝位に一番近いと言われる第三皇子・カイルに助けられて…てな流れ。昔どっぷりハマった作品で暗記するくらい読み込んだ上に、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    最高に面白い

    おにゃん 2019年01月23日

    全巻購入して、一ヶ月で2回読み返しました。
    とても面白いです!
    恋愛だけでなく、国の駆け引きや、戦い方への工夫も面白いので飽きません。
    セリフも幼稚ではなく、でも分かりやすくて、読みやすいです。
    きちんと、色々なことを勉強されて書いているのが伝わってきます。
    主人公のユーリの、カイルに好か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月15日

    少女漫画歴史ロマンの超大作。ユーリちゃんが格好よ過ぎて憧れる。これ読んでときめかないおなごは居るのだろうか…

    このレビューは参考になりましたか?

天は赤い河のほとり のシリーズ作品 全28巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~28件目 / 28件
  • 天は赤い河のほとり(1)
    完結
    みごと高校入試に合格した夕梨(ゆうり)は、ずっと好きだった氷室君とファーストキスまでして、嬉しいことばかり。でもそんなある日、彼女の目の前でコップの中の水が勝手にわきあがるという奇妙な出来事が!!さらに、水槽の中から手が出てきたり風呂の中に引き込まれそうになったりと、おかしな事は続く。初めは錯覚だと思っていたのだが、しだいに怖くなっていく夕梨。そしてある日、氷室君とのデート...
  • 天は赤い河のほとり(2)
    完結
    20世紀の世界に戻るために必要な夕梨の服を取り戻すため、夕梨は使用人のティトを連れて皇妃の宮に忍び込む。しかし、そこには皇妃のワナが!なんとか服を取り返した夕梨だが、ティトは夕梨を逃がすために捕らえられてしまう。ティトを帰してもらおうとする夕梨。けれど、ナキア皇妃はタワナアンナ(帝国第1の女性の称号)の権威をたてに相手にしてくれない。そして翌日、城の外にティトの死体が。悲しみに...
  • 天は赤い河のほとり(3)
    完結
    ナキア皇妃によって地下道にとらわれていた夕梨は、なんとか追手から逃げきり地上へ脱出することに成功。しかし、そこにタロスという老人が現れる。彼はなんとティトの父親だった。夕梨のせいでティトを殺されたと信じている彼は、夕梨を助けるどころか逆に追手と戦うことを強要する。しかたなく戦うことを決意した夕梨は、数ある中からみずぼらしい1本の剣をとる。実はその剣は、ティトの一族に伝わる宝剣...
  • 天は赤い河のほとり(4)
    完結
    キッズワトナの街はミタンニ軍の急襲によって火の海と化した。夕梨はザナンザを残し、カイルの待つヒッタイト軍を呼びに夜通し馬を走らせる。知らせを聞いたカイルは、ザナンザを助けるため兵を率いて一路キッズワトナへ。間一髪でザナンザを助けることができたカイルだが、ミタンニ随一の名将・血の黒太子と直接対決することになった。兵力で劣るヒッタイト軍だが、カイルとザナンザの巧みな作戦もあって...
  • 天は赤い河のほとり(5)
    完結
    ミタンニ軍が駐留する都市国家・マラティア。ザナンザが黒太子をおびき出している間に、カイルと夕梨は少ない兵を引き連れてマラティア入りした。敵を油断させるため、わざとふざけた態度をとるカイルに、城の太守たちもあきれ顔。作戦通りすっかり手薄になった警備をかいくぐり、夕梨たちは城内を詮索。街や城の地図とともに、秘宝”竜の眼”を捜す。一方、マラティア軍はカイル達のことを知らせるために黒...
  • 天は赤い河のほとり(6)
    完結
    激しい戦いの末、マラティアを陥落させたヒッタイトのカイル皇子。だがミタンニ軍が撤退する混乱の中で捕らえられた夕梨は、ミタンニ軍の黒太子のもとへ運ばれ側室にさせられてしまう。カイルに迷惑をかけないようにと、夕梨は自分の力でミタンニを脱出することを決意。下準備のため城の中を詮索する夕梨は、黒太子の第1の側室・ナディアに出会う。ナディアは、夕梨の命を狙うナキア皇妃の妹。皇妃の側近・...
  • 天は赤い河のほとり(7)
    完結
    ヒッタイトとミタンニの戦争も最終局面へ突入。一度は戦いに破れた黒太子だが、夕梨を人質にとって篭城作戦をとる。強固な守りを破るために、カイルは女官に変装して城にしのびこむことに成功。予想外に警備の薄い城内にとまどいつつも、夕梨のもとへと急ぐ。その頃城の中では、殺りくや飢餓に耐えられなくなったミタンニ兵たちが、クーデターを起こしていた。彼らは国王を殺し、さらに黒太子の命も奪おう...
  • 天は赤い河のほとり(8)
    完結
    婚礼のためエジプトに向かうヒッタイトのザナンザを、国境まで見送りに行く夕梨。だが、ヒッタイトとエジプトの友好を望まないナキア皇妃は、2人に刺客を放っていた。ザナンザは殺され、夕梨も大ケガを負う。必死の思いでヒッタイトのカイルのもとへ帰ろうとする夕梨。そこへ、1人のエジプト兵が現れて…。その頃、ヒッタイトにはザナンザと夕梨が死亡したという悲報が届く。エジプトの仕業だと思い込んだ国...
  • 天は赤い河のほとり(9)
    完結
    ヒッタイトの皇太子継承争いのさなか、カタパの街に夕梨の偽者が現れた。イシュタル(戦いの女神)の名のもとに傍若無人に振る舞う彼女のせいで、日に日に民衆の不満は高まっていく。このままでは皇太子候補のカイルの立場が危うくなると考えた夕梨は、1人でカタパに乗り込む。しかし、誰も夕梨が本物のイシュタルだとは信じない。それどころかイシュタルを侮辱したとして捕らえられ、街外れの”谷”へ放り込...
  • 天は赤い河のほとり(10)
    完結
    ヒッタイト帝国の正式な皇太子にカイルが選ばれ、継承問題は解決したかにみえた。だが、ナキア皇太后は新たな陰謀を企てていた。ある日、元老院の議長の娘・ギュゼル姫が1人の子供を連れてやってくる。なんとそれはカイルの子だというのだ。本当だとすれば、息子・ジュダを帝位につけるというナキア皇太后の望みは遠くなるはず。陰謀の目的がつかめず不安な夕梨だが、そんな時、皇太后が密かに外国から毒薬...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています