「篠原千絵」おすすめ作品一覧

「篠原千絵」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:篠原千絵(シノハラチエ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:2月15日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:マンガ家

1981年『赤い伝説』でデビュー。『闇のパープル・アイ』で第32回小学館漫画賞少女部門受賞。同作はドラマ化されている。『天は赤い河のほとり』、『水に棲む花』など多くの作品を手がける。

作品一覧

2018/04/27更新

ユーザーレビュー

  • 凍った夏の日〔文庫版〕
    「三人目が死んだ」が名作すぎる。
    これに尽きるなー

    三人目が死んだ、が日本最高級のステーキで、
    後の作品はおまけのキャンディ的な
  • 天は赤い河のほとり(1)

    懐かしい!

    発売当初、学生だったのでリアルタイムで読んでいました。
    懐かしくて思わず全巻大人買いして久々に読みましたが、やっぱり良かった。
    良い作品はいつの時代も面白いですね!
  • 夢の雫、黄金の鳥籠(6)
    以前、電子書籍の無料コーナーで3巻まで読んだとき

    非常に面白くて続きが読みたかった。

    古本屋で続きを見つけて思わず3冊6巻まで

    買ってしまった。

    面白い。久しぶりに夢中になってしまいそう。

    まだ続きがあるので、ゆっくりと購入したい
  • 天は赤い河のほとり(1)
    古代ヒッタイトにタイムスリップした中学生ユーリ。エンタメとして歴史ものとして恋愛ものとして、どれをとっても最高でした。ふりかえると当時の少コミって名作が多かったのかも。
  • 夢の雫、黄金の鳥籠(9)

    背すじ凍る1コマ

    叶いもしない恋愛模様を手放してからの描写の方が好きです。主人公に共感や感情移入するタイプのお話ではありません。歴史として残っている史実から篠原流オスマン帝国をどう描いていくのかが楽しみです。たまにデッサンの崩れかな?と思うような絵があるのですが、ある1コマ、ギュルハバルさまがめっちゃくちゃ怖い顔して...続きを読む

特集