蒼の封印(1)
  • 完結

蒼の封印(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

蒼子(そうこ)は高校1年生。転校初日から気分が優れない蒼子だが、美しい彼女は学校の不良のボス・香椎(かしい)に目をつけられる。保健室で香椎に襲われた蒼子は気を失ってしまうのだが、気がつくと香椎の姿は見えず、彼の服だけが残されていた。翌日、心配しつつ学校に来た蒼子は、香椎が見知らぬ男に替わっていることに気づく。だが、クラスメートはいつもと変わらぬ様子。怖くなる蒼子に、姿の変わった香椎が近づく。彼の本当の名は彬(あきら)。「西家」の“白虎”なのだという。彼は、鬼門復活を目指す「東家」の“蒼龍”を倒すために生まれたと告白する。自分がその蒼龍という人喰い鬼だと言われた蒼子だが…!?●収録作品蒼の封印

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
Sho-Comi
電子版発売日
2013年09月30日
サイズ(目安)
35MB

蒼の封印(1) のユーザーレビュー

    読みごたえ抜群

    ひつじまる 2020年10月02日

    主人公がこの先どう変わり色んな事に巻き込まれていくのか、王道の敵対からの恋愛?になるのかこの先が楽しみな長編の幕開けでした。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    凜恋 2019年11月18日

    設定の発想が面白い。流石です!篠原先生。
    謎もあり、それが徐々に解明されていく面白さもあります。
    電子版があって、期間限定無料で読んだら続きが気になってつい購入(紙本手放してから久しくて内容を結構忘れてた)。
    無料策略に見事にハマってますw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    篠原さんの作品で一番好きな作品。蒼子は普通の人間だと思っていたが転校先で事件が起こり自分は太古で鬼を統べていた東家の長だったと知る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ・古代、日本は鬼の支配下にあった。現代の日本で出会った二人は敵同士の総領であった。
    愛をとるか一族をとるか・・・葛藤の果ての二人の運命は?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月16日

    1/1~11

    闇のパープルアイのドラマを見てから、興味をもった作家さん。
    壮大なSFですが、設定がしっかりしているのにだらだら長すぎず、一気に読みました。
    いい時代の、いい男を描くのがうまいですよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    人一人が服だけを残し、いなくなってしまう。そんな事件から始まった主人公の運命。続きが読みたくなってしょうがない作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月05日

    全11巻。

    現代に蘇った人を喰う鬼とそれを狩る一族の長の恋愛ものです。

    敵対する関係にあるのだからもちろん一筋縄じゃいきませんが、事態をより複雑にしているのはヒロインの記憶喪失。
    敵味方入り乱れての戦い、蒼子の鬼としての葛藤にイライラハラハラしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月11日

    最近こういうオカルトっぽいというかサスペンス的な少女漫画が少なくて悲しい。篠原さんにしか描けないジャンルなんだろうか。
    それとも篠原さんという巨星を小学生の内に知ってしまったせいで私の目が肥えているだけだろうか。
    切り離された手が徘徊して一人ずつ殺してゆくシーンは子供心にどきどきした。

    このレビューは参考になりましたか?

蒼の封印 のシリーズ作品 全11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 蒼の封印(1)
    完結
    462円(税込)
    蒼子(そうこ)は高校1年生。転校初日から気分が優れない蒼子だが、美しい彼女は学校の不良のボス・香椎(かしい)に目をつけられる。保健室で香椎に襲われた蒼子は気を失ってしまうのだが、気がつくと香椎の姿は見えず、彼の服だけが残されていた。翌日、心配しつつ学校に来た蒼子は、香椎が見知らぬ男に替わっていることに気づく。だが、クラスメートはいつもと変わらぬ様子。怖くなる蒼子に、姿の変わっ...
  • 蒼の封印(2)
    完結
    462円(税込)
    彬が言った通り、自分が人の生気を食べる鬼・“蒼龍”であることを認めた蒼子。それでも、彼女は自分が人間であることを確かめようと以前住んでいた街へ。しかし、知り合いのはずの友達は蒼子のことを別人だと言う。写真を見せてもらうと、そこには全く別の顔をした蒼子が。呆然とする彼女に、一緒についてきた彬は「本物の蒼子を食べて入れ替わった」と言う。そこへ彬の伯父が部下を連れて現れた。容赦なく...
  • 蒼の封印(3)
    完結
    462円(税込)
    自分の秘密が、西家の持つ“西園寺文書”に記されていることを知った“蒼龍”蒼子。敵対していた“白虎”の彬と協力し、西家の本拠地・鬼無里(きなさ)へ向かう。だがそこには、蒼子をなかなか殺さない彬に業を煮やした、彬の兄弟たちが待ち構えていた。彬を殺せば“白虎”の資格を与えられる彼らは、蒼子とともに彬まで殺そうとする。共に逃げるうちに、敵同士のはずの2人の間に恋愛感情に似た気持ちが。そして蒼...
  • 蒼の封印(4)
    完結
    462円(税込)
    鬼門の秘密が書いてある西園寺文書を見るために、西家の本拠地・鬼無里の屋敷に忍び込んだ蒼子と彬。その秘密は、地下に封印された鬼の骸骨に隠されていた。蒼子と彬の頭の中に直接語りかけてくる骸骨。その話によると、蒼子は東家の最後の女王・羅ゴウ(らごう)の髪から再生されたクローンだという。また、西家の人間と交わった鬼はその能力を無くしてしまうというのだ。話の通りだとすると、蒼子が彬と...
  • 蒼の封印(5)
    完結
    462円(税込)
    蒼子の前に死んだはずの兄・高雄が現れた。しかし彼は兄ではなく“蒼龍”の力を使って鬼門復活を企む「北家」の“玄武”だった。高雄にむりやり人喰いをさせられた蒼子は、その直後、高雄の不思議な力によって口から生気の玉を出す。不気味に光るその玉“蒼魂”を、捕まえてきた人間に食べさせたとたん、その人間は鬼に変身した!実は、それこそが“蒼龍”である蒼子の持つ「鬼門復活」の能力だった。人間をすべて...
  • 蒼の封印(6)
    完結
    462円(税込)
    蒼龍のクローンを造り出せる古代鬼門の女王・羅ゴウ(らごう)の髪。蒼子はその髪で造られたクローンだった。鬼門復活を阻止するためには、その髪を始末しなくてはいけない。印を結んで探知するという能力を会得し、隠された髪を発見した蒼子。だが、そこには北家の“玄武”高雄が待ち構えていた。そしてそこには、蒼子と同じ髪のほかに色の違うもう一束の髪が!高雄もクローンなのかと思う蒼子だが、彼は北...
  • 蒼の封印(7)
    完結
    462円(税込)
    鬼門復活を防ぐため、蒼子の妹・計都(けいと)を殺そうとする彬。だが計都への愛情が蘇った蒼子は、妹を守るため自ら“蒼龍”となる決意を。引き止める彬を振り払い高雄のもとへ行った蒼子は、儀式のために“鬼の隠れ屋”へ。正式に鬼門を復活させた蒼子は、絶えてしまった南家の“朱雀”を計都に名乗らせ、祝いの名として“緋子”の名を与える。一方、蒼子を手放した彬は、鬼門を滅ぼすため西園寺グループを総動...
  • 蒼の封印(8)
    完結
    462円(税込)
    高雄に捕らわれていた彬を助けだすことに成功した蒼子。愛する人と再会した2人に、束の間の幸せが訪れる。しかしその夜、怒りに燃えた高雄は、西家を全滅させようと蒼子が逃げ込んだ西園寺の屋敷を襲撃。突然の出来事に驚き、次々に殺されて行く西園寺の部下たち。騒ぎに気づいた蒼子だが、余りにも多い鬼たちを前にどうすることもできず、離れの茶室に追い込まれてしまう。四方を囲まれた状況の中、蒼子は...
  • 蒼の封印(9)
    完結
    462円(税込)
    鬼の隠れ屋を守る鬼面獣。その圧倒的な力を、蒼子は体を貫かれながらも押さえ込んだ。高雄が現れて再び危機に陥る蒼子だが、緋子を人質に取り、隠れ屋の扉を開けさせることに成功する。だが、その中には鬼門にとっての病院である“癒しの場”があるだけだった。期待していた鬼門の秘密がないと知って落胆する蒼子。だが、そんな彼女に興味をもった鬼面獣が隠れ屋の秘密を話してくれる。それによると、隠れ屋...
  • 蒼の封印(10)
    完結
    462円(税込)
    西家の隠れ屋で“白虎”の能力を手に入れた彬。しかし、鬼を一瞬にして殺せるその能力は蒼子をも苦しめる。蒼子に気をとられているうちに高雄と緋子を取り逃がしてしまう彬。緋子は自分の力を知るために、高雄の反対を振り切って南の隠れ屋へ。一方東京へ戻ろうとする蒼子は、鬼の子供におびきよせられ再び高雄と対峙する。鬼門の聖地・東家の隠れ屋へ案内すると言ってくる高雄。申し出に応じた蒼子が連れて...
  • 蒼の封印(11)
    完結
    462円(税込)
    富士のふもと、樹海にある鬼門の聖地で鬼と人間の最終決戦が続く中、高雄は彬の力によって死んでしまう。指揮官がいなくなった鬼門を一気に攻めようとする彬。だが、“蒼龍”の立場にある蒼子は、彬の味方をすることができない。なんとか鬼門と人間が共存できる方法を見つけたいと、彬と話し合うことに。その席で、蒼子の意見を受けるかわりに聖地の全てを見せることを要求する彬。条件をのんだ蒼子は、自ら...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

蒼の封印 に関連する特集・キャンペーン