ゼロ時間へ

ゼロ時間へ

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

残忍な殺人は平穏な海辺の館で起こった。殺されたのは金持ちの老婦人。金目的の犯行かと思われたが、それは恐るべき殺人計画の序章にすぎなかった――人の命を奪う魔の瞬間“ゼロ時間”に向け、着々と進行する綿密で周到な計画とは? ミステリの常識を覆したと高い評価を得た野心作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2012年03月23日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

ゼロ時間へ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    このトリックは今までのアガサ・クリスティ作品の中でもかなり好きだ。
    そんなことあるんだなと裏をかかれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月24日

     この物語は全く嘘を吐けない正直者が、ただ誰かを救うためにたった一つの嘘を吐くまでを描いた話かもしれない。そんな風に考えてしまった。

     ネヴィル・ストレンジは何もかもを手にした男だった。スポーツ万能、頭脳明晰、そして結婚したばかりの若い妻。しかし、前妻オードリイには未だに想いを寄せており、後妻ケイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月17日

    タイトル通りゼロ時間へ収束していく物語の流れが非常に飽きさせなくできていてとても面白かったです!
    バトル警視の5冊目
    最後の本と言うことですが
    これが初めて読んだバトル警視の物語になりました。
    このバトル警視
    物語の中で非常に聡明で落ち着いて読み進めていくことができました。
    毎回のことですが
    キャラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月20日

    「殺人は結果なのだ。物語はそのはるか以前から始まっているーー」「すべてがある点に向かって集約していく…そして、その時にいたるーークライマックスに!ゼロ時間だ。そう、すべてがゼロ時間に集約されるのだ」
    アガサクリスティの作品の中でこれほど洗練された題名はそうあるものではない。殺人を結果と捉え、全ての出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月08日

    バトル警視が出てくるシリーズ。
    計画的犯行で、本当に殺したい人間を絞首刑で殺すための犯行を重ねる、最後まで犯人が想像のつかないストーリーだった。
    やっぱりアガサ・クリスティは読み応えあります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月28日

    読み終わって思わず拍手してしまった。最も好きなクリスティ作品は更新することにする。素晴らしいの一言。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月09日

    古書フェア。榛野なな恵がマンガ化した「ソルトクリークの夏」のおかげで楽しく読めた。オードリーの描写なんてとくにイメージ通り。
    マンガで犯人を知っていたのにも関わらずわくわくできる、クリスティーの名作。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月17日

    殺人から事件は始まるのではなく、あらゆる事由の終着点が殺人なのだ。殺人から過去へと遡る従来のミステリーの常識を覆した衝撃作。あの時味わった鮮烈な驚きは、何度読んでも色あせない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月08日

     物語冒頭に登場した、自殺未遂の男・マクワーター。本編に全然加わってこないし、「なんなんあいつ。」と思ってたら最後の最後に大活躍。

     最後のオチは、なんか急展開だなぁと思ったがまあ面白く読み終えられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月26日

    ポアロじゃないクリスティも良い、一冊。

    金持ち老婦人殺害事件は金銭目的か?単純な事件に見せかけながらそこに至るまでの綿密、巧妙な計画、絡み合う人間模様、奥が深い人間心理を描き魅せるミステリ。

    ポアロはいない。けれど論理的に時に大胆に、決めたらとことん突き詰めていくバトル警視が良い。
    充分読者を魅...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています