ABC殺人事件

ABC殺人事件

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ポアロのもとに届いた予告状のとおり、Aで始まる地名の町で、Aの頭文字の老婆が殺された。現場には不気味にABC鉄道案内が残されていた。まもなく、第二、第三の挑戦状が届き、Bの地でBの頭文字の娘が、Cの地でCの頭文字の紳士が殺され……。新訳でおくる、著者全盛期の代表作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
シリーズ
エルキュール・ポアロシリーズ
ページ数
416ページ
電子版発売日
2012年02月17日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

ABC殺人事件 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年12月31日

    アガサ・クリスティの作品の中で有名な作品のようだったので読み始めた。
    ポワロの種明かしまでトリックや犯人に気付けないのは相変わらず。
    こんなに気付けないものか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    ABC順に殺されていくが、本当に殺したかったのは1人だけ

    人って洗脳されて追い詰められると自分が殺人犯ですって言っちゃうんだね

    ポアロ探偵すごいわー!

    結局犯人は

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月25日

    クリスティ作品でも特に好きな作品。
    同じような手法のミステリーはいくつかあるが、読者に救いを与えてくれるような優しいミステリーがクリスティらしくて好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月07日

    クリスティの話は、有名過ぎるせいで結末が読む前から知られていたりするけど、ABC殺人事件はそういうこともなく安心して読める。
    小難しすぎない爽快感のある推理シーンが好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月22日

    これは細かい事を抜きにして純粋に面白かった!

    アルファベット順に殺人が起こるとか、予告殺人とか古典的な推理小説要素満載なのに加えて、そこにアガサ・クリスティの持ち味の人間関係ドラマや心理描写がうまく噛み合って単なるパズルに留まらず小説として楽しめる。

    所々に挟まる三人称視点も効果的に物語を盛り上...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月07日

    これは、、、かなり好きだ。
    仕掛けとして本書のパターンが後世に伝わったことはもちろんのこと、解説で法月綸太郎が述べたように、物語の最後にあるクリスティーの狙いと呼べるメッセージがなんとも響いてしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月08日

    「ふつうに面白い」ってかなりすごいことなんだよな…と、そんなことを思いました。面白かったです。ラスト行くまで、いろいろ気付くけどポアロそんなすごくなくね?とかモブみたいなこと思いながら読んでました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月02日

    数ページ目から漂う緊張感がすごかった。リメイクされた漫画を読んでいたけど、やはり原作の力の方が強い。結末がある程度わかっていたけれど、知らずに読んでいたらビックリなどんでん返し。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    名作です

    sami42 2014年09月02日

    色あせないとは、こんな小説のことを指すのでしょうね 。大人になって読み返すと昔は見えなかったものが見えたりします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月05日

    この手のミステリはあまり読んだことがなかったので、前に読んだ「アクロイド殺し」よりも新鮮な気持ちで読めた。
    相変わらず伏線の張り方が周到。この手のトリックの元祖にしてこのレベルってのは凄いなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています