天使の卵 エンジェルス・エッグ

天使の卵 エンジェルス・エッグ

作者名 :
通常価格 366円 (333円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

そのひとの横顔はあまりにも清冽で、凛としたたたずまいに満ちていた。19歳の予備校生の“僕”は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。高校時代のガールフレンド夏姫に後ろめたい気持ちはあったが、“僕”の心はもう誰にも止められない。第6回「小説すばる」新人賞受賞作品。みずみずしい感性で描かれた純愛小説として選考委員も絶賛したデビュー作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
216ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

天使の卵 エンジェルス・エッグ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月31日

    20年前に初めて読んだ小説。ストーリーよりも文章が綺麗で、大好きで読むたびに感動してる。村山由佳さんの本はそれから出たら必ず買います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    美大浪人生の男の子の切ない恋愛ストーリー

    村山由佳のデビュー作
    解説でも凡庸だの何だのとボロクソ言われていて笑える
    確かに設定としてはよくある恋愛ストーリーなんだけど、だからこそ心に響くものがあるよね

    これ読んだの何年ぶりだ?
    20年くらい?少なくともここ15年は読んでない

    確かに泣けるけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月03日

    主人公にとって春妃はすごい魅力的な女性なんだろうな。
    女からしても素敵だと思うし、実際にいたら嫉妬してしまいそう(笑)
    1人の人から愛される幸せ、それが当たり前じゃないという事を感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月25日

    ドラマティックな展開で続いていくストーリー。そんなばかなと思う内容でも、ページをめくる手を止まらせない文章校正。すばらしい。
    著者には、愛する人たちがあなたにいるのなら、明日もあるさと思うなと言われた気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月24日

    10年以上前に読んで以来、久々に読んでみました。当時は自分の年齢と歩太の年齢が一緒だったので、また違う視点で読むことができたかな、と思っています。しかし、なぜ筆者はあのような春妃の死を描いたのだろう??続編に何かエピソードがあったかな??また続編も再読してみようと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月12日

     「こんなにもまっすぐで切ない恋の話があっただろうか」「いやぁ、無いんじゃないのかい?」なんて自問自答。とにかくストレートな恋の話なので、好みは分かれるところだと思いますが、これはイイですよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月06日

    真っ直ぐな恋愛小説だった。
    ラストは急展開で驚いたが、このあともシリーズで続いていくようなので、続編も読んでみたいと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    村山由佳さんのデビュー作を初めて読んで、ここから村山由佳さんの作品読み漁りました
    村山さんの比喩表現がすごく好きで… いつもキレイだなぁと思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月27日

    約20年振りの再読。
    シンプルでありきたりのストーリー(ほぼ古典)だが、捏ね繰り回すことなく切ない気持ちにさせてくれる...。お酒を飲んだ後のシメのお茶漬けのように自然にそこに存在している感じかな。
    また、何年後かに読みたくなるだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    偶然、19歳の予備校生、歩太は電車で乗り合わせた年上の女性に一目惚れする。
    名前も住んでいる場所もわからない彼女。

    その女性が偶然、精神的病を抱える父親の担当医でしかも偶然、ぼくの恋人の姉だということがわかる。

    非常に読みやすい、情景描写も浮かんでくる文体にのめりこみました。

    著者の本を知った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

天使の卵 エンジェルス・エッグ に関連する特集・キャンペーン