知らないと恥をかく世界の大問題2

知らないと恥をかく世界の大問題2

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

最新のニュースをわかりやすく読み解く、大ヒット新書の第2弾。ジャスミン革命から大国が抱える「2012年問題」など世界のニュースが2時間でわかる!手軽さとわかりやすさが魅力の池上解説の決定版。
2012年、世界が大きく変わる!
2010年代のキープレイヤーたち
ボーダーレスな世界が抱える問題点
「民族」「宗教」「資源」が世界の火種を生む
政権交代はしたものの
~日本の抱える問題点~
大きく変わる世界の潮流を読む
~日本はどう進めばいいのか~

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川SSC新書
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

知らないと恥をかく世界の大問題2 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月03日

    前作に続き、もう一度読み直しています。
    まだ10年経っていませんが世界情勢などは大きく変わりました。
    しかし、過去に起きた問題点を洗い出し分析することで、同じ様なことが起きたときになぜ起きたのか?をより深く考えることができます。
    そういった意味で再度読み直し、世界の常識を学べる本だと言えます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    平易な言葉と比喩で書かれているので、うろ覚えかつ理解の浅かったニュースに関し「あ?あれってそういうことだったのね!」と腑に落ちる点多し。特に第7章の内容は深い。日本のマスコミ体制がもたらす害について鋭く言及し、それと並んで、リテラシーの大切さを説いている。「政治家はキタナイ」なんて愚痴っても、けっき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月01日

    やっぱり面白い。一部では分かりやすく説明するために、無理やり身近な出来事に比喩してる部分もあって、そこまでは必要無いんじゃないかなぁ、とも思える部分はあった。あと、何冊か池上さんの本を読んできたので、似たような説明を繰り返し目にすることも出てきた。この辺は分かりやすく書く事と、飽きさせない事のジレン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月14日

    東日本大震災以後に出版された本である。世界の宗教や資源、民族の違いから戦争など火種がつくことを理解した。世界のことを知ると、知らないところで怖いことが起こっていて恐ろしい。TPP問題や核、ウラン、ギリシャ、北朝鮮のニュースは今後特に気にしていこうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月24日

    「3」をみかけたので、最初から続けて読んだ。基本的な説明は毎度されているので、単独で読めば充分ではある。
    この巻は、菅政権の成立から震災直前までのことを思い返させる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月31日

    もっと世界のことを、もっと日本のことを知りたい。
    そしてわたしたちは負の遺産を背負ってスタートするんだ。

    2012.12.31

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月04日

    さすが池上さん。こんな風に説明してもらえれば、世界は全て、シンプルな感情で動いているのだと良く分かる。
    分かれば、自分の意見も湧いてくる…
    彼のアドバイスに従って、私も誰かに、世界の仕組を説明しよう!

    最終は知ったかぶりの箇所が多くても、だんだん、「分かること」が増えていくかな・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月19日

    現代の複雑な問題を分かりやすく解説する著者の新書の第2弾。やはり分かりやすいし、著者のコミュニケーション力の高さを改めて感じる。今後テレビのレギュラー番組出演を停止して、ジャーナリスト活動にまずは専念ということだが、その方が様々な良質のアウトプットが期待できそう。

    内容的に考えた点は下記の通り。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    まったく知らなかった「2012年問題」をはじめ世界は大きく動いている。そうな世界の潮流や方向や背景を知っていれば、自分なりに世界を理解したり今後を予測することもできる。
    ニュースを勉強したくなる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月13日

    内容は2011年ごろの日本を含めた世界情勢の話ですが、家にあったので今更読む(笑)

    テレビに出ていた頃の池上彰の番組はなんか見る気がせず(独壇場的な感じが…)
    なので本もほぼ読んでいなかったんだけど(確か中国オンリーのは読んだけどそこまで面白くなかった。)
    これだけ、この時代の事を世界的視点で解説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題(角川SSC新書) のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 知らないと恥をかく世界の大問題
    リーマン・ブラザーズの破綻で始まった世界金融危機。その後、日米ともに政権交代が実現し、金融危機後の新しい世界の在り方が模索されている。そこで、日本はもちろん、世界におけるさまざまな問題点をとりあげ、その中身を理解し、来るべき新しい時代の世界の潮流を読み解く。わかりやすいニュース解説で定評のある、頼れる“お父さん”池上彰さんがズバリ答える。知らないと恥をかく世界のニュースが2時間...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題2
    最新のニュースをわかりやすく読み解く、大ヒット新書の第2弾。ジャスミン革命から大国が抱える「2012年問題」など世界のニュースが2時間でわかる!手軽さとわかりやすさが魅力の池上解説の決定版。 2012年、世界が大きく変わる! 2010年代のキープレイヤーたち ボーダーレスな世界が抱える問題点 「民族」「宗教」「資源」が世界の火種を生む 政権交代はしたものの ~日本の抱える問題点~ 大きく変わる...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題3
    東日本大震災から1年以上過ぎても、復興の見通しが見えない日本。動くべき政治家たちは政争に明け暮れ、先送りの構図に何の変化もないままだ。しかし、世界は大きく動いている。この激動の2012年に世界の新リーダーが登場する。彼らは、問題山積の世界をどこへ導こうとしているのか。復興の年となるのか、それともさらなる混乱か。転換期にある現代社会を読み解くために欠かせない、池上彰の“シリーズ100万...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題4
    世界の対立を知ることで未来の日本が見えてくる! 多極化する世界は多くのジレンマを抱えている。混沌のなか、激化する対立。今、互いに考え、歩み寄る姿勢がなければ、世界は前に進まない。2012年は世界の大国のトップが次々と交代した。世界の新しいリーダーが出揃った今こそが再起動のチャンスなのだ。絶対的な覇権国・指導者がいない「Gゼロ時代」。さまざまな対立軸をとりあげながら、最新のニュース...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題5 どうする世界のリーダー?~新たな東西冷戦~
    プーチン動く――ウクライナ、クリミア問題は世界のパワーバランスに大きな影響を与えた。ロシアVS欧米という対立構造は、かつての「東西冷戦」の再現だ。「敵の敵は味方」、「昨日の敵は今日の友」。敵を挟んで、まるで世界地図上で自国のエゴを実現するためのオセロゲームをしているかのような世界が、危険な一歩を大きく踏み出した。世界の大問題を知るためには、こうした国と国との位置関係による国際政...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題6 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか?
    戦後70年のいまを歴史に位置付けるとき! シリーズ最新第6弾! 覇権、宗教、経済、資源……世界は大きな転換期を迎えている。深まる混沌と対立。世界は解決の糸口を見いだせるのか? 戦後70年、そして、阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件から20年の節目に、21世紀のあるべき世界の姿を考える。世界を読み解くニュースの入門書。 過去は将来への道しるべ。歴史をひもとけば未来が見えてくる ◇大転換期...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています