知らないと恥をかく世界の大問題6 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか?
  • 最新刊

知らないと恥をかく世界の大問題6 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか?

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

戦後70年のいまを歴史に位置付けるとき!
シリーズ最新第6弾! 覇権、宗教、経済、資源……世界は大きな転換期を迎えている。深まる混沌と対立。世界は解決の糸口を見いだせるのか? 戦後70年、そして、阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件から20年の節目に、21世紀のあるべき世界の姿を考える。世界を読み解くニュースの入門書。

過去は将来への道しるべ。歴史をひもとけば未来が見えてくる
◇大転換期を迎えた世界
◇大国アメリカの野望と世界への責任
◇ヨーロッパ、衝突の現場から
◇イスラムの台頭~文明の衝突は避けられないのか?~
◇人類共通の問題に立ち向かえるのか?
◇戦後70年を迎える東アジアの未来志向
◇突き進む安倍政権が目指すもの
◇21世紀の世界のつくり方

池上 彰:1950年、長野県生まれ。ジャーナリスト。東京工業大学教授。慶應義塾大学卒業後、1973年にNHK入局。1994年から11年間、「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年にNHKを退職し、フリージャーナリストとして、テレビ、雑誌など多方面で活躍。今さら聞けないニュースの本質をズバリ解説。2009年にスタートした角川新書『知らないと恥をかく世界の大問題』シリーズが大ヒットとなる。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川SSC新書
電子版発売日
2015年05月12日
紙の本の発売
2015年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

知らないと恥をかく世界の大問題6 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月17日


    このシリーズを読み返して6作目。
    本当に今まで自分が知ったかぶりをしていることに痛感させられます。

    過去のシリーズよりも、より世界の宗教対立(各国々の紛争)や日本隣国との対立を書いています。
    実情だけでなく、その問題がなぜ起こっているのか?という根本的な内容にしっかり言及しているので、受動的に耳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月22日

    知らないと恥をかくシリーズはその当時(2015年5月出版) のニュースを掘り下げて歴史を再認識する本なので、これまで読んだ本の中で同じ内容が含まれていますが、とても分かりやすく解説してくれる良本です!

    あとがきにIT企業の社長さんが、今から歴史を勉強しても役に立たないといった発言をしていたようです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月03日

    シリーズ6冊目

    このシリーズだけは発売されてからすぐに読むようにしています。
    年に1冊のペースで発売されていますが、世界の流れがとてもよく分かります。

    アメリカの次期大統領の話題、イギリスのEU離脱問題、戦後70年の東アジアの未来の話、気になることがたくさんあります。

    「歴史は因果関係の積み重...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月29日

    21世紀、今まさに世界で起きている出来事を6つのテーマに分けて解説してある一冊です。政治や経済などの時事問題に深く切り込んでいく内容ですが、池上さん流の分かり易い言葉で読み進みやすいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月18日

    最新刊、初版は5月だから半年遅れで読んだ。
    書かれていることが、リアルタイムなので、買ってすぐに読んだ方がいい。次巻は、そうしよう。
    そして、一年位したら、もう一度読んでみるといいのだろうな。
    世界のことはもちろん、日本の政治や経済のこともよくわかってない。こういう本を強制的にでも読見続けることが大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月15日

    毎度ながら、世の中の動きがよく理解できる。ニュースの背景を知り、歴史をたどりながら、未来を予測する、そんな力が必要だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月29日

    自称「イスラム国」のこと、韓国や中国のこと、安倍政権のことなど分かっているようで知らないことだらけだった。改めて、世界や国内で起きていることを理解する上で役立つ本だと思う。後半でオウム真理教事件に触れているが、事の起こりを始めて知る事が出来た。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月14日

    報道を注目しているつもりでも、世界情勢はなかなか頭の中で整理ができない。と、池上お父さんにやさしく解説願う。ソ連のアフガン侵攻は西の資本主義との境に緩衝地帯をつくるためだったのか。ソ連への嫌がらせなる稚拙な動機でアメリカはアフガンに武器を供給し、それがタリバン誕生、そして対アメリカのテロ組織アルカイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月06日

    2015年8月に読みましたがかなりリアルタイムな内容で、気になっていたニュースがほとんど取り上げられていました。未来を知るには過去を知る事、本当にそう思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月01日

    普段人に対しては恥ずかしくて聞けないようなことも、懇切丁寧に解説して下さる。だから、池上さんは皆んな好きなのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題(角川SSC新書) のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 知らないと恥をかく世界の大問題
    リーマン・ブラザーズの破綻で始まった世界金融危機。その後、日米ともに政権交代が実現し、金融危機後の新しい世界の在り方が模索されている。そこで、日本はもちろん、世界におけるさまざまな問題点をとりあげ、その中身を理解し、来るべき新しい時代の世界の潮流を読み解く。わかりやすいニュース解説で定評のある、頼れる“お父さん”池上彰さんがズバリ答える。知らないと恥をかく世界のニュースが2時間...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題2
    最新のニュースをわかりやすく読み解く、大ヒット新書の第2弾。ジャスミン革命から大国が抱える「2012年問題」など世界のニュースが2時間でわかる!手軽さとわかりやすさが魅力の池上解説の決定版。 2012年、世界が大きく変わる! 2010年代のキープレイヤーたち ボーダーレスな世界が抱える問題点 「民族」「宗教」「資源」が世界の火種を生む 政権交代はしたものの ~日本の抱える問題点~ 大きく変わる...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題3
    東日本大震災から1年以上過ぎても、復興の見通しが見えない日本。動くべき政治家たちは政争に明け暮れ、先送りの構図に何の変化もないままだ。しかし、世界は大きく動いている。この激動の2012年に世界の新リーダーが登場する。彼らは、問題山積の世界をどこへ導こうとしているのか。復興の年となるのか、それともさらなる混乱か。転換期にある現代社会を読み解くために欠かせない、池上彰の“シリーズ100万...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題4
    世界の対立を知ることで未来の日本が見えてくる! 多極化する世界は多くのジレンマを抱えている。混沌のなか、激化する対立。今、互いに考え、歩み寄る姿勢がなければ、世界は前に進まない。2012年は世界の大国のトップが次々と交代した。世界の新しいリーダーが出揃った今こそが再起動のチャンスなのだ。絶対的な覇権国・指導者がいない「Gゼロ時代」。さまざまな対立軸をとりあげながら、最新のニュース...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題5 どうする世界のリーダー?~新たな東西冷戦~
    プーチン動く――ウクライナ、クリミア問題は世界のパワーバランスに大きな影響を与えた。ロシアVS欧米という対立構造は、かつての「東西冷戦」の再現だ。「敵の敵は味方」、「昨日の敵は今日の友」。敵を挟んで、まるで世界地図上で自国のエゴを実現するためのオセロゲームをしているかのような世界が、危険な一歩を大きく踏み出した。世界の大問題を知るためには、こうした国と国との位置関係による国際政...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題6 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか?
    戦後70年のいまを歴史に位置付けるとき! シリーズ最新第6弾! 覇権、宗教、経済、資源……世界は大きな転換期を迎えている。深まる混沌と対立。世界は解決の糸口を見いだせるのか? 戦後70年、そして、阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件から20年の節目に、21世紀のあるべき世界の姿を考える。世界を読み解くニュースの入門書。 過去は将来への道しるべ。歴史をひもとけば未来が見えてくる ◇大転換期...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています