知らないと恥をかく世界の大問題4

知らないと恥をかく世界の大問題4

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界の対立を知ることで未来の日本が見えてくる! 多極化する世界は多くのジレンマを抱えている。混沌のなか、激化する対立。今、互いに考え、歩み寄る姿勢がなければ、世界は前に進まない。2012年は世界の大国のトップが次々と交代した。世界の新しいリーダーが出揃った今こそが再起動のチャンスなのだ。絶対的な覇権国・指導者がいない「Gゼロ時代」。さまざまな対立軸をとりあげながら、最新のニュースの解説と、これからの世界の在り方を考える。累計120万部突破の池上彰の人気新書シリーズ第4弾。世界の中の日本を考えるのは、今、このときだ!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川SSC新書
電子版発売日
2013年06月11日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

知らないと恥をかく世界の大問題4 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月13日


    こちらも振り返りの為に読み直ししています。
    本書の初めの部分に当時流行した中国のウイルスについて書かれています。

    まさに、現在コロナが流行しておりドキッとする反面、中国の疫病に対する甘さは今だに改善して無いことに失望しました。

    感情的になりたくはありませんし、難しく高度な政治判断(経済面を含め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    人気シリーズ4冊目である本書のテーマは、「対立」。アメリカ国内の政治的対立、経済問題で分裂危機にあるEU、米露を中心に勢力圏が大きく書き換わろうとしているエネルギー問題、アラブが「春」の後に迎えた過酷な「夏」、そして日中韓に横たわる歴史認識と領土の問題を追う。まさに一触即発の「対立」がほうぼうに存在...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月16日

    2014.2.13。すごくいい!読みながら号泣した。池上彰さんの本全部制覇しようと思う。目からウロコの知識がたくさんついた。分かりやすく解説してくれてるのですっと頭に入る。また、政治にもっと関心を持とうというモチベーションも高まった。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    分かりやすかった

    トシ 2013年09月30日

    普段おろそかにしがちな政治の話や、世界情勢について分かりやすく理解することができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月06日

    世界の大問題シリーズ第四弾。今回も「読んで良かった!」と思える内容。
    テレビニュースを見てると「なんでこんなことでいつまでもモメてるんだろ。さっさと決めればいいのに」と思うようなことも、実際は想像以上に問題が複雑だったりする。この本の素晴らしいところは、そういった物事の本質を分かりやすく解説してくれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月04日

    このシリーズはよく読んでいる。国内のニュースで報道されなかった、もしくは報道が薄かった国際事件などが掲載されている。池上さんは、本当にフリーになって頂いてよかったと思う。あの人のおかげで世界の今が分かり、時代についていけてる気がする。国内の些細なことをネタにしているテレビとかと違うと思った。

    僕が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月21日

    2012年を総括。キーワードは「Gゼロ時代/アメリカ政策/EU問題/基軸通貨/アラブの夏/中国政策/アベノミクス」など。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月20日

    シリーズ4作目となると相変わらず分かりやすさ。世界のリーダーが変わった2012年末あたりのことが書いてあるが、それぞれの思惑と現状を比べてみてみると面白い。特に安倍首相の政策は概ねシナリオどうり行っているのではないかと思う。イスラム国のことに関しはまだそんなに大きく触れられていないが、それに関するイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    プロローグ 「Gゼロ」時代の新しい世界を見通す―世界を動かす新しい役者は揃った
    第1章 腐っても“大”国、アメリカが抱える対立
    第2章 ノーベル平和賞を受賞したのに―ひとつになれないEU
    第3章 世界のエネルギー地図が書き換えられる―基軸通貨ドルの延命
    第4章 過酷なアラブの夏がやってきた―中東・ア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月08日

    数年前に買っていて積読のままだった本。
    やっと読みました。
    2012年の世界の政治経済がわかりやすく書かれています。
    そういえば多分パート3を読んでいないな…。
    今読んでみると世界情勢は4年前とまた変化してるなと感じる。
    特に日本のことで言えばアベノミクスのことがわかりやすくて良かった。
    また、集団...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

知らないと恥をかく世界の大問題(角川SSC新書) のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 知らないと恥をかく世界の大問題
    リーマン・ブラザーズの破綻で始まった世界金融危機。その後、日米ともに政権交代が実現し、金融危機後の新しい世界の在り方が模索されている。そこで、日本はもちろん、世界におけるさまざまな問題点をとりあげ、その中身を理解し、来るべき新しい時代の世界の潮流を読み解く。わかりやすいニュース解説で定評のある、頼れる“お父さん”池上彰さんがズバリ答える。知らないと恥をかく世界のニュースが2時間...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題2
    最新のニュースをわかりやすく読み解く、大ヒット新書の第2弾。ジャスミン革命から大国が抱える「2012年問題」など世界のニュースが2時間でわかる!手軽さとわかりやすさが魅力の池上解説の決定版。 2012年、世界が大きく変わる! 2010年代のキープレイヤーたち ボーダーレスな世界が抱える問題点 「民族」「宗教」「資源」が世界の火種を生む 政権交代はしたものの ~日本の抱える問題点~ 大きく変わる...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題3
    東日本大震災から1年以上過ぎても、復興の見通しが見えない日本。動くべき政治家たちは政争に明け暮れ、先送りの構図に何の変化もないままだ。しかし、世界は大きく動いている。この激動の2012年に世界の新リーダーが登場する。彼らは、問題山積の世界をどこへ導こうとしているのか。復興の年となるのか、それともさらなる混乱か。転換期にある現代社会を読み解くために欠かせない、池上彰の“シリーズ100万...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題4
    世界の対立を知ることで未来の日本が見えてくる! 多極化する世界は多くのジレンマを抱えている。混沌のなか、激化する対立。今、互いに考え、歩み寄る姿勢がなければ、世界は前に進まない。2012年は世界の大国のトップが次々と交代した。世界の新しいリーダーが出揃った今こそが再起動のチャンスなのだ。絶対的な覇権国・指導者がいない「Gゼロ時代」。さまざまな対立軸をとりあげながら、最新のニュース...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題5 どうする世界のリーダー?~新たな東西冷戦~
    プーチン動く――ウクライナ、クリミア問題は世界のパワーバランスに大きな影響を与えた。ロシアVS欧米という対立構造は、かつての「東西冷戦」の再現だ。「敵の敵は味方」、「昨日の敵は今日の友」。敵を挟んで、まるで世界地図上で自国のエゴを実現するためのオセロゲームをしているかのような世界が、危険な一歩を大きく踏み出した。世界の大問題を知るためには、こうした国と国との位置関係による国際政...
  • 知らないと恥をかく世界の大問題6 21世紀の曲がり角。世界はどこへ向かうのか?
    戦後70年のいまを歴史に位置付けるとき! シリーズ最新第6弾! 覇権、宗教、経済、資源……世界は大きな転換期を迎えている。深まる混沌と対立。世界は解決の糸口を見いだせるのか? 戦後70年、そして、阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件から20年の節目に、21世紀のあるべき世界の姿を考える。世界を読み解くニュースの入門書。 過去は将来への道しるべ。歴史をひもとけば未来が見えてくる ◇大転換期...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています