ドラママチ

ドラママチ

作者名 :
通常価格 590円 (537円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

私が欲しいものは、子ども、周りからの称賛、愛する男、自分にふさわしい華やかな仕事、やる気、人生を変えるドラマチックな何か。でも現実に私の目の前にあるのは、単調な生活に、どうしようもない男、中途半端な仕事、むずかしい性格の義母……。高円寺、荻窪、吉祥寺と、東京・中央線沿線の生活感あふれる「街」を舞台に、毎日ほんの少しの変化を「待ち」のぞむ女たちは、あなたにも、きっとどこか似ている。ほのかに射す明るさが心揺さぶる、8つの短篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
299ページ
電子版発売日
2011年03月11日
紙の本の発売
2009年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ドラママチ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月01日

    大好きな作家の一人。
    もうベテラン、唸った、うまい!
    待つということと街、町が出てくる
    高円寺、荻窪、吉祥寺と町も出てくる
    コドモマチ
    ヤルキマチ
    ワタシマチ
    ツウカマチ
    ゴールマチ
    ドラママチ
    ワカレマチ
    ショウカマチ

    どれも秀逸、ドラマより
    デートは買い出しになり、ディナーは夕ご飯になり、王子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月04日

    日常に飽きてマンネリ化し悪い部分ばかりがクローズアップされてこうやって一生終わっていくのかと絶望する瞬間を切り取ったような話が多かった。
    結婚しててもしてなくてもそれは同じ。
    それでも、つまらないと思ってる日常の大切さに気づく瞬間もある。

    幸せいっぱいの人は読まない方がいいけど、日常に絶望を感じる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月02日

    とても怖いがリアルテイのある女性たちが描かれている。
    友達にも恋人にもしたくないような
    執着心の強い主人公。でも、何故か気になってページをめくってしまう。
    スッキリと終わらない話が多いが、それがまた人生だなと、妙に納得する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月26日

    電子書籍

    ドラママチ‥ドラマティックな街なのかと読み始めたら
    待ち。だった

    ラストのショウカマチの喫茶店は、あの喫茶店かしらと思ったら
    私も、すれ違っただけの人もきっとみんな何かを待っているんだろうな

    でも、私は何を待ってるんだろう(o'ω'o)?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月13日

    何かを待ってる女の人の短編集

    何気ない風景とか感情の書き方がすごいすき
    特に心に響いて余韻に浸っちゃうような内容ではなかった
    さらっと読める

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月27日

    短編小説
    それぞれの主人公の気持ちがわかる。
    本当にリアルな話が多いから
    自分が直面したらどう乗り切るかなと考えながら読める。
    恋愛のターニングポイントに直面した時、
    自分と重ね合わせてしまう短編小説。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    2016年47冊目
    「コドモマチ」「ヤルキマチ」「ワタシマチ」「ツウカマチ」「ゴールマチ」「ドラママチ」「ワカレマチ」「ショウカマチ」の8つの物語の短編集
    それぞれ、「マチ」とつくが、中央線沿線の中野から吉祥寺くらいが舞台。
    登場人物は35歳から40歳くらいの女性
    どの女性もこれまでの自分と今の自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月03日

    中央線沿線の街を舞台にした短編集。
    もやもやした行き場のない気持ちにさせる内容ばかり。でも、かつて、時間ばかりがあり、将来が不安だった私はいつもこんな気持ちを抱えていたなあという意味で、とても懐かしくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月18日

    どれもこれも痛い話でした。
    特にツウカマチなんて、正気で読み進めることが困難な程…(笑)
    ああ、明るい未来なんてないのでは…と苦行のような本でした。
    でも、読後感はなぜかすっきりした感じも。目を反らしていた事に、この本を通して しっかり見つめさせてもらった感じなのかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月20日

    ちょっと暗い気分になります。
    彼女たちの思いを反面教師として、幸せ探しをしに行こう!と思っちゃいました。
    それにしても中央線。気になるエリアです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています