うちのレシピ(新潮文庫)

うちのレシピ(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

チョコレートケーキ、すきやき、ミートソース。その味は、きっと生涯忘れない。小さなレストランを営む両親のもとに生まれた真衣。会社を辞めて店に入った啓太。ふたりの結婚は、頑固一徹の料理人と仕事命の敏腕ビジネスウーマンを結びつけた。当然そこには摩擦も起こって。私たちは、恋や仕事や子育てに日々悩みながらも、あたたかな食事に癒される。美味しさという魔法に満ちた6つの物語。(解説・瀧井朝世)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2021年10月28日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
1MB

うちのレシピ(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月27日

    料理が出てくる小説が好き。
    でもこの小説は、料理によって問題が解決されるという類いのものではなく、料理はあくまでも脇役なのがまたいい。(解説にも書かれてたけど)

    きっと現実でも、バリバリ仕事ができる人も子どもや家族に恵まれてる人も、何かしらの悩みや負い目、後悔を抱えてるのかもしれないなーと思いまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月05日

    ふたつの家族を結びつけたのは、
    「ご飯の力」だった。

    どちらの家族も、何かを抱えながら
    少し葛藤しながら、
    料理を通じて暖かくなっていく。

    家族の各人物の目線を通して物語が展開されるので、
    見方が変わるというか。

    どんな問題を抱えていても、
    まずはみんなで美味しいご飯を食べよう。
    みんなでご飯...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月04日

    おじいちゃんと孫のエピソードはよかったな。大人が思いもよらない悩みを抱えて、そこに寄り添いながら、自分の思いや人生をていねいに振り返る感じが素敵だなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月21日

    小さなレストランで育った真衣と
    シェフになる啓太。
    その結婚を機に起こる家族の物語。

    真衣のお母さんの
    ぶっ飛んだキャラがおもしろい。
    正反対の性格のお父さんとの関係が
    なんだかいいなぁと思いました。

    啓太ん家の両親も
    昔気質っぽい父親と、その妻って印象から
    彼ら視点の章では、イメージが変わる。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング