今井絵美子の一覧

「今井絵美子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

君影草 立場茶屋おりき
続巻入荷
737円(税込)

作品一覧

2021/05/15更新

ユーザーレビュー

  • 霜しずく 髪ゆい猫字屋繁盛記
    今回は「死」に関する4連作。

    逃げるように江戸に流れたが高女房は病に。

    一度の行き違いから気持ちがそれてしまった男二人。
    悔恨の情厚くしながらも片方の意地が和解を阻む。そんな男が死んで、その家族の力になる竹蔵。

    島抜けの途中サメの片足を食われ、看病してもらった恩を忘れず江戸にその生き別れの妹を...続きを読む
  • 望の夜 髪ゆい猫字屋繁盛記
    佐吉とおきぬのその後。
    丑松とおきぬの兄弟愛。
    髪結床、猫字屋の常連客、お蓮。
    今まで、誰にも明かすことのなかった来し方が明かされる。
    大きな愛の詰まったシリーズ4巻。
  • 忘れ雪 立場茶屋おりき
    大満足の読後感。

    百姓娘のおさん、源氏名を幾富士。
    幾千代を乗り越える幾萬と考えてた様だが音が悪いと、
    日本一の富士をつける。
    そんな負けん気の強い幾富士。

    負けん気が強く猛練習も重ねたが、
    何しろ始めたのが遅い、ライバルに先を越され、
    焦る。。。


    三吉は京都で、絵師を志し、稽古にくれる毎日...続きを読む
  • 暮れがたき 夢草紙人情ひぐらし店
    内容(「BOOK」データベースより)
    新吉原の華やかな表通りに隠れた場所に、ひぐらし店と呼ばれる裏店がありましてねえ。場所が場所でございますから、堅気の仕事をしている者はほんのひと握り。後は大道芸や芝居小屋の中売り。噺家とも呼べないろくでもない奴に、仕事師とくる。おんや、そんなひぐらし店に似つかわし...続きを読む
  • 残りの秋 髪ゆい猫字屋繁盛記
    作品紹介・あらすじ
    身重のおよしが突然、猫字屋に戻ってきたとおもったら、旦那の藤吉が突然店の金を持って失踪したという。およしに惚れ込んでいたはずの藤吉がなぜ?
    喜三次は、藤吉を訪ね歩いて、川崎宿まではるばる足を向けたが、そこで意外な内実を知る。
    生さぬ仲の子を我が子のように愛おしむ者がいるとおもえば...続きを読む