「H・P・ラヴクラフト」おすすめ作品一覧

「H・P・ラヴクラフト」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/08/08更新

ユーザーレビュー

  • ラヴクラフト全集4
    久しぶりにラブクラフト全集の続き。これは当たりの巻。

    訳者による解説にも書かれているが、「ピックマンのモデル」以外は、科学的な話というか、分析がキーとなる話になっており、出てくる物質の名前が古いのを除いて、全く現代でも通用するような話ばかりだ。

    名作「インスマウスの影」を彷彿とさせつつ、得体のし...続きを読む
  • ラヴクラフト全集1
    「クトゥルフ神話」という壮大な神話体系を創りだしたラブクラフトの怪奇小説集。本当に怪奇で気持ち悪くて最高だった。
    異常な世界をリアルに描写して「もしかしてそっちが本当の世界なんじゃ…」と読者に思わせられれば怪奇小説なんだろうな。
  • ラヴクラフト全集2
    『肉体器官の作用が極度に均衡を失って…』『見る者をして、部屋の隅々から妖気の立ち昇る思いを感じさせるのだった』だの持ってまわった小難しい言い回しが多いのが著者(翻訳?)の特徴。おかげで「古風」で「変に不気味」で「妙なシズル感」がある文章。
    その上長編でサラッと読むめない、序盤で何となくオチの予想が付...続きを読む
  • ラヴクラフト全集3
    大好きな【無名都市】【時間からの影】が収められてる第3巻。シュリーマンやハワード・カーターの発掘ものばかり読んで育ったせいもあるのか、何度読んでも太古の神秘と知識に堪らなくゾクゾクする。
  • ラヴクラフト全集2
    クトゥルフの呼び声の壮大な宇宙観に、悪夢でたまに感じる、あの全身が総毛立つようなゾッとする根源的な恐怖心が蘇ってきた。

    主人公が掻き集める邪教集団の秘密のくだりにはクライヴ・バーカーの『不滅の愛』を思い出し、立ち並ぶ地下の謎の石柱のシーンではJ・G・バラードの『待ち受ける場所』でも感じた宇宙的な畏...続きを読む

特集