川島蓉子の一覧

「川島蓉子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/10/19更新

ユーザーレビュー

  • すいません、ほぼ日の経営。
    今や上場企業である「ほぼ日」の社長、糸井重里さんをインタビューして書かれた本。糸井さんの経営についての考え方がよく分かる。こういう誠実な社長さんばかりなら、仕事でメンタルをやられる社会人が減ると思う。
  • すいません、ほぼ日の経営。
    経営に興味がある訳ではなく、人間糸井重里さんに興味があり読んでみたかった。
    いろいろな考えに共感と憧れを持ったが、会社の憲法の最初にくるのが、「やさしい」がくることが、糸井重里さんを理解するに充分だった。
    普通の企業では考えられないけど、後進のためには、こういう経営者を望むし、押し上げないといけない...続きを読む
  • すいません、ほぼ日の経営。
    かっこいいと思うものが組織文化となる。糸井さんが大切にする価値観というものが、理解できた。なにをするか以上に誰と働くかということにこだわっているように感じた。採用の質が高い(単に優秀とかではなく、人柄と組織の文化がマッチしているか)からこそ、自由でクリエイティブな組織を作ることができるのだろう。
  • すいません、ほぼ日の経営。
    ほぼ日手帳というベストセラーとネットコンテンツで稼ぐ「ほぼ日」が株式会社化、そしてジャスダック上場を果たす。

    日本を代表するクリエイターである糸井重里自らが社長となり、会社を経営する。しかも、顔の見えない株主へ配慮しながら。

    文章を創り出すという才能で勝負していた彼も老いたのか。これからはクリエ...続きを読む
  • すいません、ほぼ日の経営。
    経営計画とか予算管理とか、目標管理、利益目標、企画書。
    全部、やるのが当たり前で、それ事態が目標だと思っていたけど、実は日とが集まる場を作っていくための手段なんじゃないかと思った。
    何でこの形なんだろう、何でこうやってしょりするんだろうと考えて、自分なりの解釈をつくるのは、仕事を楽しくしそう。

    ...続きを読む