すいません、ほぼ日の経営。

すいません、ほぼ日の経営。

作者名 :
通常価格 1,620円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ほぼ日の経営について、
まるごと糸井さんに聞いてきました--。

糸井さんは、もともとフリーのコピーライターで、組織に身を置いたことはほとんどない。
それなのに、活動の幅を広げる過程で事務所を立ち上げ、100人以上が勤める企業をつくりあげた。
一方の私は、大学卒業後に伊藤忠商事の事業会社のひとつである
伊藤忠ファッションシステムに入社して35年目。
転職をしたこともなければ、フリーとして活動した経験もない。
根っからの組織人であり、よくも悪くも日本企業の価値観が、骨の髄(ずい)までしみこんでいる。
そんな私が、糸井さんにほぼ日という会社の目指す先を聞いていった。
インタビューは、驚きと発見の連続だった。
事業、人、組織、上場、社長--。企業の根幹を支える部分について、
なにを考え、どのように向き合っているのか。
糸井さんが語ってくれた話の数々は、長年の会社員生活を通じて、
私の中にインプットされた常識をくつがえす内容ばかりだった。--まえがきより

ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の創刊から20周年。
ジャーナリストの川島蓉子さんが、ほぼ日を率いる糸井重里さんに、「ほぼ日の経営」について、まるごと聞いてきました。
ほぼ日の「これまで」と「今」。
なぜほぼ日では、魅力的なコンテンツ、サービス、商品が、次々に誕生しているのでしょうか。
糸井さんとほぼ日にとって、事業とは、働くとは、そして会社とは--。

ジャンル
出版社
日経BP社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年10月19日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年01月05日

経営計画とか予算管理とか、目標管理、利益目標、企画書。
全部、やるのが当たり前で、それ事態が目標だと思っていたけど、実は日とが集まる場を作っていくための手段なんじゃないかと思った。
何でこの形なんだろう、何でこうやってしょりするんだろうと考えて、自分なりの解釈をつくるのは、仕事を楽しくしそう。

...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月08日

ほぼ日経営のこと、理念のこと。書かれている。
共感できることばかり。
なんとなく、自身の心の中にあることを的確に言葉にしてくださっている糸井重里さん。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月19日

物語みたいな、素敵な言葉を寄せ集めた「ほぼ日」経営のお話。既成概念を根本から疑う姿勢に感心します。誰かと何かをもう一度「おもしろく」やりたい気持ちにさせてくれる本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月09日

もともと何がきっかけで興味を持ちだしたのかは忘れたが、かれこれ2.3年前からウェブサイトの方はちょくちょく見ていた。それが昨年。2回目の六本木ヒルズでの「生活の楽しみ展」の開催期間中にたまたま東京に滞在していて、そのことを当日の朝に知り、急きょ行くことにした。そしたらその時に出店してた水沢ダウンのお...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月08日

糸井さんの視野の広さ、何歳になっても常に自分を疑う姿勢、変える/変えないを判断するバランス感覚にはいつも驚かされる。
特に歳を取っていくと難しいのは「疑う力」を維持することで、うまくいっていると感じるときほど「思考停止して安心な場所に落ち着いていないか」を考えるようにしたい。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています