インターネット的(PHP文庫)

インターネット的(PHP文庫)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

どうやら、十年以上経って話題になっているらしい。じぶんで言うのもおかしいですが、読んだ方によれば「いまの時代が予見されている」そうです。「ぜんぶ、ここに書いてるじゃないか」なんていう声もいただきました。――糸井重里。本書は、発刊から十年を経て、「まるで、予言の書!」と再評価の声が高まっている名著に、書き下ろしの「続・インターネット的」を加筆。もとは、『ほぼ日刊イトイ新聞』を始めた当時の著者が、インターネット登場後の世界について考察したものだが、読む者は、ここ十年間に起きた変化の本質を、十年前のこの本によって知ることになるだろう。また本書で綴られる言葉は、パソコンすらいらない、「消費者」なんていない、自分を他人にするゲーム、寝返り理論、消費のクリエイティブ、妥協の素晴らしさ……など、普遍的価値を持つ。糸井重里の予言的、そして普遍的なメッセージが詰まった一冊である。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年11月21日
紙の本の発売
2014年11月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

インターネット的(PHP文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月18日

    『We are lonely but not alone』で紹介されていたので、読んでみた。
    1度読んだだけでは理解できなかったので、もう一度読み返している途中。

    「インターネット的」とは、「自動車とモータリゼーションのようなもの」と例えられている。

    「インターネット的」のキーワードは、「リンク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月05日

     子どものころ、糸井重里の「コピーライター」という得体の知れない職業に、なぜTVに出られているんだろうと素朴に疑問に思っていたが、20年も前にこんなことを書いていた糸井氏に震えた。凄すぎる。


     役割と役割で、肩書と肩書で取引をしているときには、流れは変わりません。
     僕の知っている寿司屋さんが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月27日

    先見の明を求めて読んでみたものの、書いてあることはごく普通で、そして、すごく大事なこと。
    技術の進歩はすごいけど、果たしてそれを使って君は一体何をするんだね?的な。
    自身のアイデンティティを問われる作品でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月12日

    この本と出会ったのは、『パンと日用品の店 わざわざ』の新しいカフェ『問 tou』でのこと。1つの陳列棚、丸々この本だけで大量に。マーカーやメモ書きされた刺さる内容のページが、何ページも良い意味でちぎり取られた状態で、販促として展示されていたんです。本屋以外で販売される本には意図があると感じてしまうも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月10日

    この本は帯にもそう書いてあるとおり、2000年すぐにかかれたものでありながら、ことごとく2018年現在において通用する内容となっており全く古さも感じさせない、それだけ著者も書いてあるとおり当時からインターネット的な世界をよっぱらっていない状態で冷静に判断しており、その先見の明に驚かされっぱなしである...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月28日

    インターネットが広がる前から人の消費行動を追いかけていたトップランナーがインターネットに飛び込んだ時の本。インターネットで変わったこと、それでも変わらなかったもの。今後のサービスを考えたり、自分個人の立ち位置を考える上で必要なんだと思う。
    クリエイティブな消費を生み出す人が、一人でも増えたらいいなと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月07日

    激しくおもしろかった。それしか言いようがない。色んなことについて共感できるし、その思想を20年近くにわたってインターネット上で実行に移してるのがすごい。とってもよい本に出会えました。これからのビジネスとは?っていうのにもつながる本じゃないかなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月27日

    こちらも2001年に書かれたインターネット時代にまつわる糸井重里の考察であり、現在は予言的であったと言われている一冊。
    普遍的になりえたのは、この書が、ITの技術やサービスはもちろん、ITにまつわる思想でさえ無く、ただ今この時代を生きる人々の感じ方、考え方、価値観を問うものだから。これからもまだまだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月08日

    インターネットは、新しいものというよりも、
    本質的なもので、
    ツールだったり、
    人間的なものだったり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月23日

    インターネットが生まれ世の中は便利になったが「その便利さでどのような事がしたいのか」ということについて考えたことがなかった。ただインターネットのサービスを受動的に利用するという姿勢になっており、インターネットを工夫して楽しむという感覚を持てていなかった。ただ便利であることや、ただ合理的であることは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています