「大嶋祥誉」おすすめ作品一覧

「大嶋祥誉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/29更新

ユーザーレビュー

  • マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書
    常に前向きに、完璧な仕事が当たり前。
    情報は自分で直接取る。原典に当たる。

    ロジックツリーで問題の構造を明らかにし、もっとも重要な課題「イシュー」を決める。その解決策を「空、雨、傘」で導き出す。

    ロジカルシンキングの三段論法
    A=B,B=CならA=Cである

    だから何?それはなぜ?を繰り返す
    ...続きを読む
  • 仕事の結果は「はじめる前」に決まっている マッキンゼーで学んだ段取りの技法
    パワーフレーズ
    「仕事の結果は「はじめる前」に決まっている」
    まさにそのとおり。段取り本を読んできた中で、事前事前が大切なことはわかった。なぜ大切かをここまでまとめて、魅力的に書いた本はまさにこの1冊だけだろう。仕事というよりその「価値」が決まるということだ。
    愚弟的には「段取りチャート」この1枚で...続きを読む
  • マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書
    この本はロジカルシンキングの本でもなければフレームワークの本でもない。汗をかき、現場に行き、本質を常に問い続ける姿勢、それがあってこそのロジカルシンキング、フレームワークだということを熱く語ってくれる一冊だ。「問いから始めろ」、「担当するクライアント以上にクライアントの業界に詳しくなれ」、「プロなら...続きを読む
  • マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書
    論理的思考の本
    ①課題→結論→根拠で分けて整理する。
    ②演繹法、帰納法※演繹法の間違った使い方がわかりやすかった。
    ③ピラミッドストラクチャー
    ④クリティカル思考
    ⑤等価交換法
    ⑥シンクハット法

    実行項目:クリティカル思考の3つのポイント
    ①目的は何か意識する。
    ②思考の枠を意識する。
    ③問い続け...続きを読む
  • すべての仕事は「問い」からはじまる たった1秒の「問題解決」思考
    「問い」が人生を豊かにする。
    非常に参考になった。
    要保管。

    以下引用
    「なるほど」と思える発想がなぜ出てこないのか。その理由は、多くの人が「当たり前というプラグ」を「常識というコンセント」に差したままだから。常識のコンセントには、このままの状態を維持しようとする強い電流が常に流れている。そのプラ...続きを読む

特集